花間集 巻一01 訳注解説(6)回目 菩薩蠻十四首 其一漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7598

花間集 巻一01 訳注解説(6)回目 菩薩蠻十四首 其一漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7598

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花間集 五百首  巻一   温庭筠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『花間集」 このブログで花間集全詩、訳注解説します。(1)温庭筠の詩目次

  『花間集』は、その多くが情愛の詞である。この一派を花間詞派という。花間詞派や南唐詞派(南唐中主・李璟、南唐後主・李煜)、馮延巳などの流れを受け継ぎ、宋代になって大成された詞の本流とも謂える大きな流れがあるが、これらの詞を婉約詞(派)という。

  『花間集』が後世に与えた影響は大きく、詞といえば花間詞派等のからの婉約詞を意味するような雰囲気になり、日本語で「小唄、端唄」などと訳されたのも、ここから来ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花間集

巻一 (温庭筠)

 

 

 

ID

作品

初句(7字)

作者

 

 

1

一巻

菩薩蠻  一

小山重疊金明滅

温庭筠

 

 

2

一巻

菩薩蠻  二

水精簾裡頗黎枕

温庭筠

 

 

3

一巻

菩薩蠻  三

蘂黃無限當山額

温庭筠

 

 

4

一巻

菩薩蠻  四

翠翹金縷雙鸂鶒

温庭筠

 

 

5

一巻

菩薩蠻  五

杏花含露團香雪

温庭筠

 

 

6

一巻

菩薩蠻  六

玉樓明月長相憶

温庭筠

 

 

7

一巻

菩薩蠻  七

鳳凰相對盤金縷

温庭筠

 

 

8

一巻

菩薩蠻  八

牡丹花謝鶯聲歇

温庭筠

 

 

9

一巻

菩薩蠻  九

滿宮明月梨花白

温庭筠

 

 

10

一巻

菩薩蠻  十

寶函鈿雀金鸂鶒

温庭筠

 

 

11

一巻

菩薩蠻  十一

南園滿地堆輕絮

温庭筠

 

 

12

一巻

菩薩蠻  十二

夜來皓月纔當午

温庭筠

 

 

13

一巻

菩薩蠻  十三

雨晴夜合玲瓏日

温庭筠

 

 

14

一巻

菩薩蠻  十四

竹風輕動庭除冷

温庭筠

 

 

15

一巻

更漏子 其一

柳絲長,春雨細

温庭筠

 

 

16

一巻

更漏子 其二

星斗稀,鐘鼓歇

温庭筠

 

 

17

一巻

更漏子 其三

金雀釵,紅粉面

温庭筠

 

 

18

一巻

更漏子 其四

相見稀,相憶久

温庭筠

 

 

19

一巻

更漏子 其五

背江樓,臨海月

温庭筠

 

 

20

一巻

更漏子 其六

玉鑪香,紅蠟淚

温庭筠

 

 

21

一巻

歸國遙二首 其一

香玉,翠鳳寶釵

温庭筠

 

 

22

一巻

歸國遙二首 其二

雙臉,小鳳戰蓖

温庭筠

 

 

23

一巻

酒泉子 四首 (一)

花映柳條,吹向

温庭筠

 

 

24

一巻

酒泉子 四首 ()

日映紗窗,金鴨

温庭筠

 

 

25

一巻

酒泉子 四首 ()

楚女不歸,樓枕

温庭筠

 

 

26

一巻

酒泉子 四首 () 

羅帶惹香,猶繫

温庭筠

 

 

27

一巻

定西番 三首 ()

漢使昔年離別。

温庭筠

 

 

28

一巻

定西番 三首 ()

海鷰欲飛調羽。

温庭筠

 

 

29

一巻

定西番 三首 (三)

細雨曉鶯春晚。

温庭筠

 

 

30

一巻

楊柳枝 之一

宜春苑外最長條

温庭筠

 

 

31

一巻

楊柳枝 之二

牆東御路

温庭筠

 

 

32

一巻

楊柳枝 之三

蘇小門前柳萬條

温庭筠

 

 

33

一巻

楊柳枝 之四

金縷毿毿碧瓦溝

温庭筠

 

 

34

一巻

楊柳枝 之五

館娃宮外鄴城西

温庭筠

 

 

35

一巻

楊柳枝 之六

兩兩黃鸝色似金

温庭筠

 

 

36

一巻

楊柳枝 之七

御柳如絲映九重

温庭筠

 

 

37

一巻

楊柳枝 之八

織錦機邊鶯語頻

温庭筠

 

 

38

一巻

南歌子 七首 (一)

手裡金鸚鵡,胸

温庭筠

 

 

39

一巻

南歌子 七首 (二)

似帶如絲柳,團

温庭筠

 

 

40

一巻

南歌子 七首 (三)

窩墮低梳髻,連

温庭筠

 

 

41

一巻

南歌子 七首 (四)

臉上金霞細,眉

温庭筠

 

 

42

一巻

南歌子 七首 (五)

撲蘂添黃子,呵

温庭筠

 

 

43

一巻

南歌子 七首 (六)

轉眄如波眼,娉

温庭筠

 

 

44

一巻

南歌子 七首 (七) 

懶拂鴛鴦枕,休

温庭筠

 

 

45

一巻

河瀆神 三首 其一

河上望叢祠,廟

温庭筠

 

 

46

一巻

河瀆神 三首 其二

孤廟對寒潮,西

温庭筠

 

 

47

一巻

河瀆神 三首 其三

銅皷賽神來,滿

温庭筠

 

 

48

一巻

女冠子 二首 其一

含嬌含笑,宿翠

温庭筠

 

 

49

一巻

女冠子 二首 其二

霞帔雲髮,鈿鏡

温庭筠

 

 

50

一巻

玉胡蝶

秋風淒切傷離,

温庭筠

 

 

 

 

 

 

 

 

花間温庭筠

 

 

 

1 温庭筠 おんていいん
812頃―870以後)本名は岐、字は飛卿、幷州(山西省大原)の人。初唐の宰相温彦博の子孫にあたるといわれる。年少のころから詩をよくしたが、素行がわるく頽廃遊蕩生活に耽り、歌樓妓館のところに出入して、艶麗な歌曲ばかりつくっていた。進士の試験にも落第をつづけ、官途につくこともできなかった。徐商が裏陽(湖北)の地方長官をしていたとき、採用されて巡官となり、ついで徐商が中央の高官(成通のはじめ尚書省に入る)になったので、さらに任用されようとしたが成らなかった。859年頃に詩名によって特に召されて登用され、国子(大学)助教となった。たが、叙任前に微行中の宣宗に無礼があって罷免され、晩年は流落して終わった。そのため、生歿が未詳である。

集に撞蘭集三巻、金墨集十巻、漢南其稿十巻があったという。かれは晩唐の詩人として李商隠と相並び、「温李」として名を知られている。音楽に精しく、鼓琴吹笛などを善くし、当時流行しつつあった詞の作家としても韋荘と相並んで「温韋」の称があった。その詞の大部分は趙崇祚の編した花間集に収載されている。洗練された綺麗な辞句をもちいた、桃李の花を見るような艶美な作風は花間集一派の詞人を代表するもので、「深美閎約」と批評されているその印象的なうつくしさにおいてほ花間集中、及ぶものがないといってよく、韋荘の綺麗さとよい対照をなしている。王国維が花間集に収載する六十六首のほか他書に散見するものを合せて輯した金荃詞一巻があり、七十首を伝えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花間集 教坊曲『菩薩蠻』四十一首

 

 

作者

初句7字

 

 

溫庭筠

 

(溫助教庭筠)

 

巻一

菩薩蠻十四首其一

小山重疊金明滅,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其二

水精簾裡頗黎枕,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其三

蘂黃無限當山額,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其四

翠翹金縷雙鸂鶒,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其五

杏花含露團香雪,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其六

玉樓明月長相憶,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其七

鳳凰相對盤金縷,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其八

牡丹花謝鶯聲歇,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其九

滿宮明月梨花白,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其十

寶函鈿雀金鸂鶒,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其十一

南園滿地堆輕絮,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其十二

夜來皓月纔當午,

 

 

巻一

菩薩蠻十四首其十三

雨晴夜合玲瓏日,

 

 

巻一

薩蠻十四首其十四

竹風輕動庭除冷,

 

 

韋荘(韋相莊)

巻三

菩薩蠻 一

紅樓別夜堪惆悵

 

 

巻三

菩薩蠻 二

人人盡江南好

 

 

巻三

菩薩蠻 三

如今卻憶江南樂

 

 

巻三

菩薩蠻 四

勸君今夜須沉醉

 

 

巻三

菩薩蠻 五

洛陽城裡春光好

 

 

牛嶠(牛給事嶠)

巻四

菩薩蠻七首 其一

舞裙香暖金泥鳳,

 

 

巻四

菩薩蠻七首 其二

柳花飛處鶯聲急,

 

 

巻四

菩薩蠻七首 其三

玉釵風動春幡急,

 

 

巻四

菩薩蠻七首 其四 

畫屏重疊巫陽翠,

 

 

巻四

菩薩蠻七首 其五

風簾鷰舞鶯啼柳,

 

 

巻四

菩薩蠻七首 其六

綠雲鬢上飛金雀,

 

 

巻四

菩薩蠻七首 其七

玉樓冰簟鴛鴦錦,

 

 

和凝

巻六

菩薩蠻一首 其一

越梅半拆輕寒裏

 

 

孫少監光憲

巻八

菩薩蠻五首其一

月華如水籠香砌,

 

 

巻八

菩薩蠻五首其二

花冠頻皷牆頭翼,

 

 

巻八

菩薩蠻五首其三

小庭花落無人掃,

 

 

巻八

菩薩蠻五首其四

青巖碧洞經朝雨,

 

 

巻八

菩薩蠻五首其五

木綿花映叢祠小,

 

 

魏太尉承班

巻八

菩薩蠻二首其一

羅裾薄薄秋波染,

 

 

巻八

菩薩蠻二首其二

羅衣隱約金泥畫,

 

 

尹參卿鶚

巻九

菩薩蠻一首 

隴雲暗合秋天白,

 

 

毛秘書熙震

巻十

菩薩蠻三首其一

梨花滿院飄香雪

 

 

巻十

菩薩蠻三首其二

繡簾高軸臨塘看

 

 

巻十

菩薩蠻三首其三

天含殘碧融春色

 

 

李秀才珣

巻十

菩薩蠻三首其一

迴塘風起波紋細

 

 

巻十

菩薩蠻三首其二

等閑將度三春景

 

 

巻十

菩薩蠻三首其三

隔簾微雨雙飛鷰

 

 

 

 

 

 

 

 

花間集02

 

 

 

花間集 全詩訳注解説(再)-1溫庭筠

 菩薩蛮十四首其一 
(またこの春も寵愛を受ける事は無かったが、毎日、そのことだけを思って化粧をして待つが、春が過ぎて衣替えの季節が来ても着物の詩集だけが番になっていると詠う。)

小山重疊金明滅,鬢雲欲度香顋雪。
屏風の小山が重なる前に寵愛を失った妃嬪は横たわる、蝋燭に揺らめきに妃嬪の体も明滅する。雲のような鬢は雪のように真っ白な頬の上にかかり渡っている。
懶起畫蛾眉。弄妝梳洗遲。

ものうげに起きだして眉をかき、お化粧をしながらも、髪を櫛で梳く手はゆっくりとしてすすまない、この人生、何もする気にならない。
照花前後鏡。花面交相映。
花のような顔を、前とうしろからあわせ鏡で照らす。うつくしい顔が二つの鏡にこもごも花が咲いたようにうつされている。
新帖繡羅襦。雙雙金鷓鴣。
季節が変わって新しく閨に張る薄いとばりがあり、鏡の所から立ち上がって、刺繍のうすぎぬの襦袢も新しく肌に合わせてみる。一ツガイずつ向かい合わせになった金の鷓鴣の紋様がぬいとりされている。

(菩薩蠻十四首其の一)
小山 重疊して 金 明滅,鬢の雲 度(わた)らんと欲(す)香顋の雪に。
懶げに起き 蛾眉を 畫く。妝を弄び 梳洗 遲し。


花を照らす 前後の 鏡。花面 交(こもご)も 相(あ)ひ映ず。
新たに帖りて 羅襦に綉りするは、雙雙 金の鷓鴣。



『菩薩蠻十四首其一』 現代語訳と訳註
(
本文)
菩薩蛮十四首其一

小山重疊金明滅,鬢雲欲度香顋雪。
懶起畫蛾眉。弄妝梳洗遲。
照花前後鏡。花面交相映。
新帖繡羅襦。雙雙金鷓鴣。


(下し文)
(菩薩蠻十四首其の一)
小山 重疊して 金 明滅,鬢の雲 度【わた】らんと欲す 香顋【こうさい】の雪に。
懶【ものう】げに起き 蛾眉を畫く。妝を弄び 梳洗 遲し。


花を照らす 前後の鏡。花面 交【こもご】も 相い映ず。
新たに帖りて 羅襦に綉る、雙雙たり 金の鷓鴣。


(現代語訳)
(またこの春も寵愛を受ける事は無かったが、毎日、そのことだけを思って化粧をして待つが、春が過ぎて衣替えの季節が来ても着物の詩集だけが番になっていると詠う。)

屏風の小山が重なる前に寵愛を失った妃嬪は横たわる、蝋燭に揺らめきに妃嬪の体も明滅する。雲のような鬢は雪のように真っ白な頬の上にかかり渡っている。
ものうげに起きだして眉をかき、お化粧をしながらも、髪を櫛で梳く手はゆっくりとしてすすまない、この人生、何もする気にならない。
花のような顔を、前とうしろからあわせ鏡で照らす。うつくしい顔が二つの鏡にこもごも花が咲いたようにうつされている。
季節が変わって新しく閨に張る薄いとばりがあり、鏡の所から立ち上がって、刺繍のうすぎぬの襦袢も新しく肌に合わせてみる。一ツガイずつ向かい合わせになった金の鷓鴣の紋様がぬいとりされている。

大明宮の圖003



(訳注)
菩薩蠻十四首其一

(またこの春も寵愛を受ける事は無かったが、毎日、そのことだけを思って化粧をして待つが、春が過ぎて衣替えの季節が来ても着物の詩集だけが番になっていると詠う。)

・寵愛を失ったもののまだ若い妃嬪の朝化粧を描いたもの。126人もいる妃嬪に一回の子作りのチャンスは与えられればまだよいほうで、一度の寵愛の機会もないものもいた。

杜甫はかつて《観公孫大娘弟子舞剣器行井序》「先帝の侍女八千人」(「公孫大娘が弟子の剣器を舞うを観る行」)と詠い、白居易もまた《長恨歌》」「後宮の佳麗三千人」と言った。これらは決して詩人の誇張ではなく、唐代の宮廷女性は、実際はこの数字をはるかに越えていた。唐の太宗の時、李百薬は上奏して「無用の宮人は、ややもすれば数万に達する」(『全唐文』巻一四二、李百薬「宮人を放つを請うの封事」)といった。『新唐書』の「官者伝」上に、「開元、天宝中、宮嬪はおおよそ四万に至る」と記されている。後者は唐代の宮廷女性の人数に関する最高の具体的な数字であり、まさに盛唐の風流天子玄宗皇帝時代のものである。宋代の人洪邁は、この時期は漢代以来、帝王の妃妾の数が最も多かった時代であるといっている(『容斎五筆』巻三「開元宮嬪」)。うまい具合に、この時期の女性の総人口は先に紹介した数字 - およそ二千六百余万であるから、四万余人とすれば、じつに全女性人口の六百分の一を占める。つまり、女性六百人ごとに一人が宮廷に入ったことになる。唐末になり、国土は荒れ、国勢は衰えたが、いぜんとして「六宮(後宮)の貴・賤の女性は一万人を減らない」(『資治通鑑』巻二七三、後唐の荘宗同光三年)という状態だった。この驚くべき数字の陰で、どのくらい多くの「曠夫怨女」(男やもめと未婚の老女)を造り出したことか計り知れない。唐末の詩人曹鄴が慨嘆して「天子 美女を好み、夫婦 双を成さず」(「捕漁謡」)と詠ったのも怪しむに足りない


・花間集のトップに掲載。
・温庭:晩唐の大詞人。詩人でもある。花間集では彼の作品が一番多く、六十六首も採用されており、このことから花間鼻祖とも称されている。

唐の教坊の曲で花間集には四十一首所収、溫庭筠の菩薩蠻は十四首、双調 四十四字。前段二十四字四句二仄韻二平韻、後段四句二仄韻に平韻で、❼❼⑤⑤/❺❺⑤⑤の詞形をとる。

小山重疊金明,鬢雲欲度香顋
懶起畫蛾
。弄妝梳洗
照花前後
。花面交相
新帖繡羅
。雙雙金鷓

●○△●○○●  ●○●●○○●

●●●△○  ●○○●○

●○○●●  ○●○△●

○●●○○  ○○○●○

漢長安城 00


小山重疊金明滅,鬢雲欲度香顋雪。
小山 重疊して 金 明滅,鬢の雲 度(わた)らんと欲(す)香顋の雪に。

屏風の小山が重なる前に寵愛を失った妃嬪は横たわる、蝋燭に揺らめきに妃嬪の体も明滅する。雲のような鬢は雪のように真っ白な頬の上にかかり渡っている。
・小山 屏風。小さな屏山、つまり屏風。後の句が、髪のことを云っているのだから、髷の形容である。唐代の女性の風俗である小山眉と小山の髪型が重なり合っている。その前の寝姿を小山ということも重なり合っている。寝ている女性の小さな山となっている。ここは屏風に描かれた山々が遠くの連峰で、手前に妃嬪の横たわった寝姿が一つの柄に苗う様子を「小山重疊」と表現したもの。
・重疊 幾重にも重なり合う。前の語の小山が屏風と見れば、幾重にも折れ曲がっている屏風のことである。
羅隱の『江南行』に「江煙雨蛟軟,漠漠小山眉黛淺。水國多愁又有情,夜槽壓酒銀船滿。細絲搖柳凝曉空,呉王臺春夢中。鴛鴦喚不起,平鋪綠水眠東風。西陵路邊月悄悄,油碧輕車蘇小小。」とある。
・金明滅 明滅は、きらきら、ぴかぴかとしている様子。朝が来て日が差し込んできて、金が陽光に倚り輝く様子であろう。艶めかしさをクローズアップさせる表現である。
・鬢雲 豊かな鬢、横の方に生えている髪。女性の豊かな髪の毛により、妖艶な雰囲気を出している。
・欲度 雲が流れて来、懸かろうとしている。寝乱れた髪が懸かってきていること。
・香顋 香しい女性のおとがい。香は、女性を暗示する語。顋は、あご。おとがい。
・雪 ゆき。女性の肌の白さ。


懶起畫蛾眉。弄妝梳洗遲。
ものうげに起きだして眉をかき、お化粧をしながらも、髪を櫛で梳く手はゆっくりとしてすすまない、この人生、何もする気にならない。
・懶起 けだるさの表現。ものうく起きる。物憂げにおきる。この表現で前日の性交の激しさを想像させる。
・畫 かく。えがく。文字以外のものをかくこと。ここでは黛で眉を画いていること。
・蛾眉 蛾の触覚のように、すんなりと伸びた女性の美しい眉の比喩。
・弄妝 妝=粧。化粧をする。
・梳洗 髪を梳り、顔を洗う。化粧をする。梳沐。
・遲 おそい。動きがゆっくりとしていること。この時代の男は夜明け前にはいない。一人でいることを表現することでエロチックなことを想像させる。


照花前後鏡。花面交相映。
花のような顔を、前とうしろからあわせ鏡で照らす。うつくしい顔が二つの鏡にこもごも花が咲いたようにうつされている。
照花 花は美しい女性の顔。照は「鏡に映す」という動詞。
前後鏡 合わせ鏡。
花面 花のように美しい女性の顔。
交相映 花面を美しい女性の顔が、前後の合わせ鏡にこもごも あい 映っている


新帖繡羅襦。雙雙金鷓鴣。
季節が変わって新しく閨に張る薄いとばりがあり、鏡の所から立ち上がって、刺繍のうすぎぬの襦袢も新しく肌に合わせてみる。一ツガイずつ向かい合わせになった金の鷓鴣の紋様がぬいとりされている。
 閨に張る薄いとばり。
 ぬいとる。ぬいとり。
羅襦  うすぎぬの着物。羅は、うすぎぬ。襦は、肌着。縫い取りのある肌着は痛くて心地悪いが見せる肌着を云う。頽廃を想像させる表現である。
雙雙 つがいに揃った様子をいう。そのようなのがいくつもあるときの表現。つがいになった鳥が、あちらこちらにいる様子。
鷓鴣 鳥の名。しゃこ。キジ科の鳥。ここでは、雙雙鷓鴣で、男女一緒になることを暗示しており、詞ぜんたいでは、懶起畫蛾眉でも暗示されるように、そのことが、叶わなくて、一人でいる女性の艶めいた寂しさを詠っている。

木蓮001


 

        
 2016年11月6日の紀頌之5つの校注Blog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注 
 Ⅰ李白詩(李白詩校注)744年-004-#3卷179_16 春陪商州裴使君遊石娥溪(卷二十(二)一一七○)(從郁賢皓《謫仙詩豪李白》說)Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集7595 
 LiveDoorBlog 
 孟浩然李白詩謝霊運司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》揚雄 《甘泉賦》 諸葛亮 出師表 
 曹植詩65首兩都賦序・西都賦・東都賦李白全詩漁父辞(屈原楚辞・九歌》東君《楚辞九辯》 
     総合案内   
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注 
  LiveDoorBlog韓愈  秋懐詩十一首 【字解集】 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41首index-2[800年~804年]27首index-3 805年陽山から江陵36首index-4 806年 39歳 江陵・国子博士25首 
 index-5 806年39歳(2)25首index-6 807~809年 20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳57首index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28首 
 index-11 819年『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 國子祭酒18首index-13 821年~822年 22首index-14 57歳・病気のため退職。没す14首韓愈 哲学・儒学「五原」孟郊 
        
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ 杜詩詳注   LiveDoorBlog 
 杜甫詩(1)736~751年  53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)757年、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53首杜甫詩(6)759年 三吏三別 44首 
 杜甫詩(7)759年秦州詩 66首杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36首杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45首杜甫詩(10)761年、50歳 成都82首杜甫詩(11)762年蜀中転々43首杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49首 
        
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog花間集 巻一01 訳注解説(6漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7598 (11/06) 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始 
 Ⅴ.唐五代詞詩・玉臺新詠・女性 LiveDoorBlog 
 薛濤の全詩●花間集(1巻●花間集(2巻●花間集(3巻●花間集(4巻●花間集(5巻 
 ●魚玄機全詩●花間集(6巻●花間集(7巻●花間集(8巻●花間集(9巻●花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
   kanbunkenkyuu   
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い