FC2ブログ
未分類

紀頌之のサイト 紹介

0
 ブログ、全詩訳注解説の理解を、より深め、高めてもらいたいため、以下のサイトを作成中です。癌根治治療に成功したものの、後遺症に苦しんでいるためサイト作りも予定より遅れていますが、これまでどこにもない面白いものですが、完成には10年くらいかかるでしょう。

一応みられる程度の初期段階のレベルですが、更新を加えて行っていいものにしてゆきます。



漢文委員会kanbun-iinkai 紀頌之










中國詩文研究サイト


1

     基本詩サイト

基本詩サイト  http://kanbuniinkai.webcrow.jp/  


2

     漢詩・唐詩 総合サイト

漢詩・唐詩 総合サイトhttp://kanbuniinkai7.dousetsu.com

リニューアル 準備中2019/05/05予定


3

     杜甫のサイト

http://kanbuniinka15.yu-nagi.com

杜甫のサイト

近日公開 2019/05/05予定


4

     基本詩サイト

基本詩サイト  http://kanbuniinkai12.dousetsu.com


5

漢詩・書道 おもしろサイト

漢詩・書道 おもしろサイト  http://kakuundo1008.html.xdomain.jp/


6

     基本詩総合サイト

基本総合(漢詩・唐詩・宋詩の特集)サイト  http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/


7

  ブログランキング&初唐・盛唐の詩

のサイト

ブログランキング&初唐・盛唐の詩  http://kanbuniinkai06.sitemix.jp/index.html


8

李白のサイト&総合サイト

李白のサイト&総合サイト  http://chubunkenkyu.byoubu.com


9

古代女性論サイト

古代女性論  http://kanshijoseiron01.ken-shin.net/


10

古代都市計画サイト

古代都市計画  http://kodaitoshikei02.ken-shin.net/


11

韓愈のサイト

韓愈のサイト  http://kanshorei04.ken-shin.net/


12

李商隠詩のサイト

李商隠のサイト
李商隠のサイト  http://rishoinshi63.ken-shin.net/


13

上代・漢・三国建安・六朝のサイト

上代・漢・三国建安・六朝のサイト  http://sangokurikushi.ken-shin.net/

2019/08/05予定


14

宋詩・花間集のサイト

宋詩・花間集のサイト  http://soukakanshu.ken-shin.net/

 


15

文選のサイト&総合サイト

文選のサイト  http://monzen3shu.ken-shin.net/






紀 頌之のブログ集


16李白全集http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/
17韓愈全詩案内http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/
18杜甫詩 全詩 総合案内http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/
19漢詩・唐詩・宋詩の「特集」サイトhttp://kanshi100x100.blog.fc5.com/
20玉臺新詠-001 玉臺新詠集序http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/archives/
48683272.html
21花間集全詩訳注解説ブログ案内http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/archives/
36850905.html
22古代の女性論ブログhttp://kanbunkenkyu88.blog-rpg.com/tou-josei/
23謝靈運詩訳注解説ブログhttp://kanshi100x100.blog.fc2.com/blog-entry-1024.html
24魚玄機詩訳注解説ブログhttp://kanshi100x100.blog.fc2.com/blog-entry-1020.html
25薛濤詩訳注解説ブログhttp://kanshi100x100.blog.fc2.com/blog-entry-1019.html
26孟浩然詩訳注解説ブログhttp://kanshi100x100.blog.fc2.com/blog-entry-1023.html
27司馬相如《子虚賦 ・上林賦》訳注解説bloghttp://kanshi100x100.blog.fc2.com/blog-entry-1025.html
28揚雄 《甘泉賦》 訳注解説ブログhttp://kanshi100x100.blog.fc2.com/blog-entry-1026.html
29諸葛亮 出師表訳注解説ブログhttp://kanshi100x100.blog.fc2.com/blog-entry-1022.html
30曹植詩65首訳注解説ブログhttp://kanshi100x100.blog.fc2.com/blog-entry-1027.html
31兩都賦序・西都賦・東都賦訳注解説bloghttp://kanshi100x100.blog.fc2.com/blog-entry-1028.html
32漁父辞(屈原訳注解説ブログhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/66562877.
html
33楚辞・九歌》東君訳注解説ブログhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.
html
34《楚辞九辯》訳注解説ブログhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/68105973.
html
35李商隠詩 (1) 136首の75首訳注解
説ブログ
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/
archives/7121036.html
36李商隠詩 (2) 135首の61首訳注解
説ブログ
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/
archives/7121039.html
37中国史に見る女性群像、中国女性論bl
のブログ
http://kanbunkenkyu88.blog-rpg.com/
38韓愈1 ・孟郊・張籍と?州乱41首http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/
archives/7123962.html
儒教の復興は、彼の思想の基盤である。古文復興運動とは表裏のものであり、その観点から原道」「原性」「原毀」「原人」「「原鬼」などを著している。その一方で、排仏論も、彼の儒教復興の姿勢からきたものであった。六朝から隋、唐にかけての崇仏の傾向が強くくなったのも中国人民に儒教が嫌悪されたからで、学問として哲学としても敬遠されたのだ。そうした中で、韓愈の一門は中国古来の儒教の地位を回復しようとするのであった。


「原」(尋ねるという意味)は、『淮南子』の「原道訓」に倣って、韓愈が始めた論文の一種で、本原をたずねて推論する性質のもであって、「原道」「原性」「原毀」「原人」「原鬼」の五原がある。

《原性》を書いて性三品説を確立した。

《原毀》世の謗りは人は多情であっても名声あるものを嫉妬することにある。

《原人》人間とは何か、人道、「仁」の本原の理を明らかにする。

《原鬼》人間の精霊の本原の理を明らかにする。

ということである。

まず原道から始めることとする。長文のため、意味によって区切り、おおむね14段分割し、掲載は22回程度になる。
39韓愈2 原道http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/
archives/6243542.html
40韓愈2 原性http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/
archives/6308849.html
41韓愈2 原人http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/
archives/6333021.html
42韓愈2 原鬼http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/
archives/6340683.html
43韓愈2 原毀http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/
archives/6349803.html
802年貞元十八年に国子四門博士(大学教授)となって以来十余年、一時監察御史に出た
ほか、三度博士に任ぜられ、813年元和八年以後しきりに左遷されていた韓退之は、この文章
を作って、学殖がありながら世に用いられない一人の博士の自己弁明を滑稽に述べたのであ
る。
題して「学問を進めるための解明文」という。この解も漢の揚雄の「解嘲」に倣った問答体の俳諧
文で、韻を踏んだ賦に似た形式もその系統をあらわしている。揚雄は「太玄経」を著したが、ある
人から「玄(幽玄な哲学) を説くには、尚、彼の徳は白(素白、浅薄)である」といわれた。玄と
白との語言上の戯れであるが、この嘲(からかい)を解くための文章という意味で 「解嘲」と題し
た。これは漢の東方朔の「答客難」に倣ったものであるが、後漢の班国は、またこれをうけて「答
賓戯」を作った。『文選』には「設諭」体の三篇としてこれらを収載している。韓愈はこれを継いだ
のである。
44韓愈3 進学解http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6240580.html





漢文委員会 紀頌之の毎日の 6ブログ 連携HP

  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/  
 
ttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshih/


 玉臺新詠集 全十巻 全詩訳注解説
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/


 

http://kanbunkenkyuu010.blog.fc2.com/
女性論 女性詩訳注解説  薛濤・魚玄機
http://kanbunkenkyu88.blog-rpg.com/

   女性論
http://kanbunkenkyu88.blog-rpg.com/
 詩を理解するための背景、全体を理解するための資料、各詩人の生涯などなど。
漢詩、六朝詩、唐詩、宋詩研究の漢文委
員会紀頌之のホームページ
漢詩から唐詩・宋詩研究 基本となる詩集 ホ
ームページ
詩人の生涯・概略・年譜

http://chubunkenkyu.byoubu.com/index.html

http://kanbuniinkai.webcrow.jp/index.html
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply