FC2ブログ

Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巻7・巻8 孫光憲

花間集 訳注解説 (418)回目《孫光憲巻八25更漏子二首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10516

0
 418)回目《孫光憲巻八25更漏子二首其二》

2018430日の紀頌之"6"つの校注Blog

2018430

の紀頌之"6"つの校注Blog

勞勞亭

答馮宿書〔#05§2-1

錦樹行#2

更漏子二首其一

雜詩九首其九 贈故人二首其二

-§-3-3.『漢書』と『史記』

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018430

の紀頌之”6”つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

749年 7《勞勞亭(卷二五(二)一四四三)》漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog 10485

LiveDoo

rBlog

746-【字解集】21.魯東門觀刈蒲 22.魯郡堯祠送五之琅琊 23.魯郡堯祠送張十四遊西北Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9884

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

10年のBLOGの集大成

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

807年-10 元和二年40歳《答馮宿書》〔#05(§2-1)〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10514

LiveDoo

rBlog

807年-05元和二年40歳《【字解集】》〔酬裴十六功曹巡府西驛塗中見寄・記夢〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10066

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

10年のBLOGの集大成

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-246#2 錦樹行(卷二○(四)一八○八)#2卷二○(四)一八○八注(1258) Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10459

LiveDoo

rBlog

767年-集-21 【字解集】 ・寄峽州劉伯華使君四十韻  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9366

767年 【字解集】152.課小豎鉏斫舍北果,林枝蔓荒穢淨,訖移床,三首 155.反照 157.向夕 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9645

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (418)回目《孫光憲巻八25更漏子二首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10516 (04/30)

  fc2

Blog

花間集 訳注解説 (313)回目和凝【字解集】11柳枝三首  12.漁父一首》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9639 (12/07)

 

 

 

10年のBLOGの集大成

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

玉臺 巻四巻4•3-2-9-2雜詩九首其九 贈故人二首其二 3.鮑照   Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻四ブログ1053110496

LiveDoo

rBlog

巻三-29 【字解集】雜詩三首其一~其三  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10077

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

Ⅵ唐代女性論         ninjaブログ

(Ⅲ 女性文学者班昭とその家系(班家の人びと)) 《§-3 班固と『漢書』》Ⅲ-§-3-3.『漢書』と『史記』 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10504

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

花間集 訳注解説 (418)回目《孫光憲巻八25更漏子二首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10516

(約束の日に女は男との別離に夜が早く過ぎるのを気にする。別れたらその後はいつ帰って来るかはわからないと詠う。)

今宵は逢瀬の約束の日。明日の朝には別れることになる。せっかくの日、二人で過ごす夜なのに、時が過ぎてゆくにつれ、愁いが募り、それを断ち切ることが出来ない。

白粉を塗った白い顔を寄せあい、蝋燭の焔に、玉の飾りのついた簪が小刻みに揺れる、時が過ぎるにつれ、言葉なく泣き濡れて襟元は涙であふれてぬれている。 

漏刻の浮に鏃の時は次第に下を示して朝が近いことを示す。霜がいちめんに薄白くおりている、垣の外では鶏が夜明けの時を告げる。

頼みの言い付けを女は聴いいては、気が滅入って浮かない顔つきになる、西の女の所か東の女の所か今別れてしまうと下腹がはちきれるほどの悶絶があってもどうしようもないのだ。

 

 

 

花間集 巻八  孫光憲 (6

 

 

 

更漏子二首其一

聽寒更,聞遠鴈,半夜蕭娘深院。扃繡,下珠簾,滿庭噴玉蟾。

人語靜,香閨冷,紅幕半垂清影。雲雨態,蕙蘭

更漏子二首其二

今夜期,來日別,相對秖堪愁。隈粉面,撚瑤簪,無言淚滿襟。

銀箭落,霜華薄,牆外曉雞咿喔。聽付囑,惡情

女冠子二首其一

蕙風芝露,壇際殘香輕度。蘂珠宮,苔點分圓碧,桃花踐破紅。

品流巫峽外,名籍紫微中。真侶墉城會,夢魂通。

女冠子二首其二

澹花瘦玉,依約神仙粧束。佩瓊文,瑞露通宵貯,幽香盡日焚。

碧紗籠絳節,黃藕冠濃雲。勿以吹簫伴,不同羣。

風流子三首其一

茅舍槿籬溪曲,雞犬自南自北。菰葉長,水開,門外春波漲綠。

聽織,聲促,軋軋鳴梭穿屋。

風流子三首其二

樓倚長衢欲暮,瞥見神仙伴侶。微傅粉,攏梳頭,隱映畫簾開處。無語,無緒,慢曳羅裙歸去。

風流子三首其三

金絡玉銜嘶馬,繫向綠楊陰下。朱掩,繡簾垂,曲院水流花謝。歡罷,歸也,猶在九衢深夜 

 

 

 

 

 

 

 

 

花間集 教坊曲『更漏子』十六首

 

 

溫庭筠

巻一

『更漏子 一』温庭筠  Gs-15-2-#1 花間集 

柳絲長,春雨細,

 

 

巻一

『更漏子 二』温庭筠  Gs-16-2-#2 花間集 

星斗稀,鐘鼓歇,

 

 

巻一

『更漏子 三』温庭筠  Gs-17-2-#3 花間集

金雀釵,紅粉面,

 

 

巻一

『更漏子 四』温庭筠  Gs-18-2-#4 花間集

相見稀,相憶久,

 

 

巻一

『更漏子 五』温庭筠  Gs-19-2-#5 花間集

背江樓,臨海月,

 

 

巻一

『更漏子 六』温庭筠  Gs-20-2-#6 花間集

玉鑪香,紅蠟淚,

 

 

韋相莊

巻三

更漏子一首

鐘鼓寒,樓閣暝

 

 

牛嶠

巻四

更漏子三首 其一

星漸稀,漏頻轉

 

 

巻四

更漏子三首 其二

南浦情,紅粉淚

 

 

巻四

更漏子三首 其三 

春夜闌,更漏促

 

 

毛文錫

巻五

更漏子一首

春夜闌,春恨切, 

 

 

巻七

更漏子一首

舊歡,新悵望,

 

 

孫光憲

巻八

更漏子二首其一

聽寒更,聞遠鴈,

 

 

巻八

更漏子二首其二

今夜期,來日別,

 

 

毛熙震

巻九

更漏子二首其一

秋色清,河影澹

 

 

巻九

更漏子二首其二

煙月寒,秋夜靜

 

 

 

 

 

 

 

 

長安城皇城と宮城01 

更漏子二首其一

(富貴の家の歌妓が今夜は歌っていない。漏刻の音がしっかり聞えるし、雁の啼くのも聞こえた。奥座敷で二人が交わっているからだと詠う。)

聽寒更,聞遠鴈,半夜蕭娘深院。

真夜中を過ぎて時を知らせる漏刻の音が聴こえてくると寒さが増してくる、遠くの方で雁が鳴いていくのが聞える。歌妓のあの娘も真夜中過ぎれば奥の閨にいる。

扃繡,下珠簾,滿庭噴玉蟾。

中庭のあるその家の飾られた扉には閂で戸締まりをしている。庭には珠簾の草花を植えてあり、月の光があふれる様に照らしている。

人語靜,香閨冷,紅幕半垂清影。

誰もいなくて人声などなく、唐なども焚かれず閨は冷え切ったままだ。蝋燭の火が赤く半ば垂らした戸帳を照らし、あの子が待っていたそこに清々しい影が映っている。

雲雨態,蕙蘭心,此情江海深。

二人は「高唐賦」の雨と雲とに化身し交わった。最高の蕙蘭のような心情であろうと思うし、この気持ちは長江を流れ、滄海のうみのふかさというべきかもしれない。

 

(更漏子二首 其の一)

寒更を聽けば,遠く鴈を聞く,半夜 蕭娘 深き院。

扃し,珠簾を下る,滿庭 玉蟾噴く。

人語 靜かにして,香閨 冷く,紅幕 半ば垂れて清影あり。

雲雨 態し,蕙蘭の心,此情 江海 深くす。

 

更漏子二首其二

(約束の日に女は男との別離に夜が早く過ぎるのを気にする。別れたらその後はいつ帰って来るかはわからないと詠う。)

今夜期,來日別,相對秖堪愁

今宵は逢瀬の約束の日。明日の朝には別れることになる。せっかくの日、二人で過ごす夜なのに、時が過ぎてゆくにつれ、愁いが募り、それを断ち切ることが出来ない。

隈粉面,撚瑤簪,無言淚滿襟。

白粉を塗った白い顔を寄せあい、蝋燭の焔に、玉の飾りのついた簪が小刻みに揺れる、時が過ぎるにつれ、言葉なく泣き濡れて襟元は涙であふれてぬれている。 

銀箭落,霜華薄,牆外曉雞咿喔。

漏刻の浮に鏃の時は次第に下を示して朝が近いことを示す。霜がいちめんに薄白くおりている、垣の外では鶏が夜明けの時を告げる。

聽付囑,惡情悰,斷腸西復東。

頼みの言い付けを女は聴いいては、気が滅入って浮かない顔つきになる、西の女の所か東の女の所か今別れてしまうと下腹がはちきれるほどの悶絶があってもどうしようもないのだ。

 

(更漏子二首其の二)

今夜 期あり,日來れば別,相い對して秖だ堪え愁

粉面を隈して,撚えて簪を瑤らす,無言 淚 襟に滿つ。

銀箭 落ち,霜華 薄ぎ,牆外 曉雞 咿喔【いあく】あり。

付囑【ふしょく】を聽き,情悰【じょうそう】を惡し,斷腸 西に復た東に。

 

女冠子 002 

『更漏子二首其二』 現代語訳と訳註

(本文)

更漏子二首其二

今夜期,來日別,相對秖堪愁

隈粉面,撚瑤簪,無言淚滿襟。

銀箭落,霜華薄,牆外曉雞咿喔。

聽付囑,惡情悰,斷腸西復東。

 

(下し文)

(更漏子二首其の二)

今夜 期あり,日來れば別,相い對して秖だ堪え愁つ。

粉面を隈して,撚えて簪を瑤らす,無言 淚 襟に滿つ。

銀箭 落ち,霜華 薄ぎ,牆外 曉雞 咿喔【いあく】あり。

付囑【ふしょく】を聽き,情悰【じょうそう】を惡し,斷腸 西に復た東に。

 

(現代語訳)

(約束の日に女は男との別離に夜が早く過ぎるのを気にする。別れたらその後はいつ帰って来るかはわからないと詠う。)

今宵は逢瀬の約束の日。明日の朝には別れることになる。せっかくの日、二人で過ごす夜なのに、時が過ぎてゆくにつれ、愁いが募り、それを断ち切ることが出来ない。

白粉を塗った白い顔を寄せあい、蝋燭の焔に、玉の飾りのついた簪が小刻みに揺れる、時が過ぎるにつれ、言葉なく泣き濡れて襟元は涙であふれてぬれている。 

漏刻の浮に鏃の時は次第に下を示して朝が近いことを示す。霜がいちめんに薄白くおりている、垣の外では鶏が夜明けの時を告げる。

頼みの言い付けを女は聴いいては、気が滅入って浮かない顔つきになる、西の女の所か東の女の所か今別れてしまうと下腹がはちきれるほどの悶絶があってもどうしようもないのだ。

 

(訳注)

更漏子二首其二

1. (約束の日に女は男との別離に夜が早く過ぎるのを気にする。別れたらその後はいつ帰って来るかはわからないと詠う。)

2. 『花間集』には孫光憲の作が二首収められている。双調四十六字、前段二十三字六句仄韻平韻、後段二十三字六句仄韻平韻で、3363533635の詞形をとる。

3. 【解説】 更漏というのは夜の時間を計る水時計のことだが、花間集では、①愛妾との別離に夜が早く過ぎるのを気にする場合。②待ち人が何時までも来ないから時間が気になる場合。大まかにこの2例の変形のものである。この詩は①の場合である。

 

今夜期,來日別,相對秖堪愁

今宵は逢瀬の約束の日。明日の朝には別れることになる。せっかくの日、二人で過ごす夜なのに、時が過ぎてゆくにつれ、愁いが募り、それを断ち切ることが出来ない。

4 相対 ここでは愛人の男に向かい合うこと。

 

隈粉面,撚瑤簪,無言淚滿襟。

白粉を塗った白い顔を寄せあい、蝋燭の焔に、玉の飾りのついた簪が小刻みに揺れる、時が過ぎるにつれ、言葉なく泣き濡れて襟元は涙であふれてぬれている。 

5. 隈粉面 頻を寄せる。粉面は白粉を塗った白い顔。

6. 瑤簪 玉の飾りのついた簪が小刻みに揺れる。

 

銀箭落,霜華薄,牆外曉雞咿喔。

漏刻の浮に鏃の時は次第に下を示して朝が近いことを示す。霜がいちめんに薄白くおりている、垣の外では鶏が夜明けの時を告げる。

7. 銀箭落 夜が尽きること。階段型の5つの水槽があり、その一つで一更で浮き袋に銀箭は水時計の時を示す矢(針)。それが上から順に一更ずつ下に移る。したがって、落ちるとは水時計の水がなくなり時間が経ったことを意味する。

8. 霜華 白く降りた霜。

9. 咿喔 時を告げる鶏の声の形容。

 

聽付囑,惡情悰,斷腸西復東。

頼みの言い付けを女は聴いいては、気が滅入って浮かない顔つきになる、西の女の所か東の女の所か今別れてしまうと下腹がはちきれるほどの悶絶があってもどうしようもないのだ。

10. 付嘱 言い付け、頼み。

11. 悪情悰 気が滅入る。

スポンサーサイト

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。