花間集 訳注解説 巻一13 (18)回目温庭筠 《菩薩蠻十四首 其十三》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7670


花間集 訳注解説 巻一13 (18)回目温庭筠 《菩薩蠻十四首 其十三》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7670


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161118

紀頌之5つの校注Blog

 

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

 

 

Ⅰ李白詩(李白詩校注)

744年-012-#1卷172_6-#1 夕霽杜陵登樓寄韋繇(卷十三(一)八三一)Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集7667

 

 LiveDoorBlog

 

 

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

 

 

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

  総合案内

 

 

 

 

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

 

 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

806年-18 巻一 15-#1 醉贈張祕書Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集7668

 

  LiveDoorBlog

韓愈  秋懐詩十一首 【字解集】

 

 

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

 

 

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]平淮西碑」28

 

 

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

 

 

Ⅲ 杜詩詳注   LiveDoorBlog

暮春題瀼溪新賃草屋五首【字解集】と住まいと夔州での農業

757年-18 暮春題瀼溪新賃草屋五首其二 杜詩詳注(卷一八(四)頁一六一○)Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7669

 

 

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

 

 

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

 

 

Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog

花間集 訳注解説 巻一13 (18)回目温庭筠 《菩薩蠻十四首 其十三》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7670 (11/18)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

 

 

.唐五代詞詩・玉臺新詠・女性 LiveDoorBlog

玉臺新詠序の字解集

玉-016-#2 古詩八首其二 (古詩十九首之第十六首) 無名氏  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 7671

 

 

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

 

 

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

 

 

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

 

 

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

文選

古詩源

花間集案内

 

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

 

花間集 五百首  巻一   温庭筠

 

 

 

 

唐の時、女性論(11唐代人の妓女に対する評価

 唐代の世風は文学と風雅を尚び、妓女に対しても容姿を主要な評価基準にはせず、才能と学問、技芸、談論などをより重んじた。才色兼備の名妓は決してそう多くはなかった。容貌は平凡であっても大いに名声を博した妓女も多くいたが、それは完全に彼女たちの才智と技芸が抜群であるか、あるいは話に。Iモアがあり風流があったからである。当時は文学がもっとも尚ばれたので、蔀濤の名は天下に聞え、公卿、名士は争って彼女と交際したが、しかし彼女が美貌だったなどという記録はどこにもない。彼女が才女で詩人であったればこそである。唐代の妓女は字を識り本を読み、詩を吟じ詩を作るのがごくあたりまえなことだった。こうした才能が、彼女たちの価値を決める重要な基準だった。『旧唐書』の「白居易伝」に次のような記述がある。ある人が一人の娼妓を呼ぼうとしたところ、彼女は自慢げに「私は白学士の長恨歌を空で詠えます。ほかの人と一緒にしないで」と言った。こうして、彼女は自分の価値を高めたのである。こうした社会の気風が娼妓を唐代女性文学の主要な勢力に育て上げた。もちろん文学に長じたものは畢竟少数であったが。官妓とりわけ地方州府の官妓の大多数は歌舞や酒席での遊戯などの技芸に勝れており、それで専ら「歌妓」、「舞妓」、「楽妓」、あるいは「酒妓」、「飲妓」、「酒佐」などの呼称が生れたのである。比較的能力がある酒妓は常に宴席での遊戯をとりしきったので、彼女たちは「酒糾」「席糾」(糾はとりしまる意)、「録事」(幹事の意)などとよばれた。これらの呼称は唐代官妓の別称となった。

 その他、弁舌の才も唐代の人々が妓女を評価する重要な基準であった。唐代の世相はきわめて開放的であり、官僚や名士たちはみな談論や。Iモア、冗談等を尚んだので、妓女に対してもこの点を重視した。長安の妓女は多くが。Iモアのセンスに富んでいた。たとえば、『北里志』に出てくる何人かの名妓たちは、みな美貌ではなかったが話が上手で客に大いにもてた。「緯真は善く謔を言い歌遊びも上手だった。容姿は平凡であったが上晶で洗練されていたので、当代の賢人たちから尚ばれた」、「莱児は容貌はそれほど良くはなかったが、……一一一一豆栗はたくみで冗談もじつに妙を得ていた」、「鄭挙挙は広い学識を持っていたが容貌はよくなかった。しかし、人物評価にたけ、ユーモアが巧みだったので中央の士人たちにぴいきにされた」などの記録がある。これらの記載は、当時の賢人名士が妓女たちの才智や弁舌をどれほど称讃し重視したかをよく示している。

 

 

14温庭筠 .

菩薩蠻十四首 其十三
竹風輕動庭除冷,珠簾月上玲
影。
初夏のさわやかな風が竹の林を抜けて庭先から、軽やかに簾を動かして房に付いている風鈴がすきとおったように美しく鳴りつめたく響く。玉のすだれに月がさしのぼってあかるくすみわたった影をおとす。
山枕隱濃妝,綠檀金鳳凰。
閨に横向きで寝枕する女は今宵も待ち侘びて宵の濃い化粧のままある。綠壇でつられた枕には金の鳳風の紋様が彫描されている。
兩蛾愁黛淺,故國宮遠。
二つの眉はさびしそうにまゆずみがうすれている。むかし呉宮に送られた西施は、はるかにへだたった故国をなつかしくおもった。(今、ひとり待ち侘びる女は西施と同じ思いなのだ。)。
春恨正關情,畫樓殘點聲。
廻り廻って春は男女の交わりが始まるものであるのに待ち侘びる春の恨みはほんとに愛情に関連するものだ。夜明けが近くなったのか、飾られた高楼のうえで時をつげる太鼓の音の名残のようにがとぎれとぎれにきこえてくる。

花鈿02




『菩薩蠻十四首 其十三』 現代語訳と訳註
(
本文)

竹風輕動庭除冷,珠簾月上玲瓏影。
山枕隱濃妝,綠檀金鳳凰。
兩蛾愁黛淺,故國
宮遠。
春恨正關情,畫樓殘點聲。


(下し文)
竹風 輕動して 庭除の冷,珠簾 月上りて瓏影するも玲なり。
山枕は濃妝を隱し,綠檀には金の鳳凰あり。
兩蛾は愁いて黛淺し,故國 
宮の遠。
春恨 正に關情し,畫樓 點聲を殘す。

(現代語訳)
百数十名いる妃嬪は、一度寵愛を失えば二度と寵愛を受けることはなく、妃嬪が華やかな宮殿から、質素な宮殿(離宮・陵廟)に移されて、しずかに暮らしている様子を詠う。

初夏のさわやかな風が竹の林を抜けて庭園から、軽やかに簾を動かして房に付いている風鈴がすきとおったように美しく鳴りつめたく響く。夜ともなれば、玉のすだれに月がさしのぼってあかるくすみわたった影をおとす。
寝牀に横向きで寝枕する女は今宵も侘びしく宵というのに濃い化粧のままでいる。綠壇でつられた枕には金の鳳風の紋様が彫描されている。
愁いに暮れ、何もする気になれず、二つの眉はうすれている。むかし呉宮に送られた西施は、はるかに隔たった故国をなつかしくおもったが、此処の妃嬪もまた、今、華やかな宮殿を思い、ひとり侘びしい思いでいる。
又春が来て、春は男女の交わりが始まるものであるのに、侘びしい妃嬪は春を恨むしかないという、まさに、そうした感情で生きていくだけだ。夜明けが近くなったのか、飾られた高楼から時をつげる太鼓の音の名残のようにが途切れ途切れに聞こえてくる。

雲髻001


(訳注)
菩薩蠻十四首 其十三

百数十名いる妃嬪は、一度寵愛を失えば二度と寵愛を受けることはなく、妃嬪が華やかな宮殿から、質素な宮殿(離宮・陵廟)に移されて、しずかに暮らしている様子を詠う。

146.  菩薩蠻十四首 其十三【解説】

前段第一句、初秋の孤独感、「庭険冷ややかに」は、日中の暖かさも、夜になって竹を揺らす風に消え、誰も来ない一人寝の寒さを感ずるようになったこと、月の光の描写も、空気の透明感とともに、肌に感じる冷気を際立たせている。このひんやりとした気配は、女の独り寝のわびしさいう。

次句第三句の鳳凰は詞において、番の烏として男女和合の象徴を表し、それが逆に女主人公の孤独を際立たせる。

後段第三句、「春恨正に情に関わる」と先に指摘した「番の鳳凰」の語とともに、寵愛を受けた天子を思う情である。

末句は、気付けば夜明けを告げる時の音が聞こえて来たという意味で、彼女が一夜をまんじりともせずに明かしてしまったことを物語る。

華やかな宮殿から、質素な宮殿(離宮・陵廟)に移されて、しずかに暮らしてゆかねばならぬ妃賓を詠う。

 

唐の教坊の曲で花間集には四十一首所収、溫庭筠の菩薩蠻は十四首、双調 四十四字。前段二十四字四句二仄韻二平韻、後段四句二仄韻に平韻で、❼❼⑤⑤/❺❺⑤⑤の詞形をとる。

菩薩蠻十四首 其十三
竹風輕動庭除
,珠簾月上玲瓏
山枕隱濃,綠檀金鳳
兩蛾愁黛
,故國
春恨正關,畫樓殘點

  
  
  
  

 

竹風輕動庭除冷,珠簾月上玲瓏影。
初夏のさわやかな風が竹の林を抜けて庭園から、軽やかに簾を動かして房に付いている風鈴がすきとおったように美しく鳴りつめたく響く。夜ともなれば、玉のすだれに月がさしのぼってあかるくすみわたった影をおとす。
147. 庭除 庭の階段のあるところ。風除室のような意味を持つ場所。
148.
 玲瓏影 玲の瓏も同じ意味で、1 玉などが透き通るように美しいさま。また、玉のように輝くさま。2 玉などの触れ合って美しく鳴るさま。また、音声の澄んで響くさま。


山枕隱濃妝,綠檀金鳳凰。
寝牀に横向きで寝枕する女は今宵も侘びしく宵というのに濃い化粧のままでいる。綠壇でつられた枕には金の鳳風の紋様が彫描されている。
149. 山枕 枕のこと。温庭篤の更漏子詞に「山枕蹴、錦余寒」、顧鼻の甘州子詞に山枕上、長是怯農鐘」とある。
150.
 隠 臥=隠と同じ、もたれること。よりかかること。或は向こう向きに寢る。
150.
 濃妝 こってりとあついお化粧をした年増女。宵の口に化粧をするのは濃い化粧で、寝る前には寝化粧に帰る。つまり、今日も来なかったということ。西施の事も意味する語である。
151.
 綠檀 黒檀、紫檀と綠壇は枕をつくる木材をいう。緑壇は緑色の枕檀(まくら)ということで、寝るという意味になる。緑檀は後宮でつかわれるもの。
152.
 金鳳凰 枕にはどこされた紋様で、つがいを描いているので、空しさを引き立てる。


兩蛾愁黛淺,故國宮遠。
愁いに暮れ、何もする気になれず、二つの眉はうすれている。むかし呉宮に送られた西施は、はるかに隔たった故国をなつかしくおもったが、此処の妃嬪もまた、今、華やかな宮殿を思い、ひとり侘びしい思いでいる。
153. 故国呉宮遠 呉宮は西施をかりていう。呉は江蘇一帯をいう。西施;沉魚落雁 西施
水光瀲艷晴方好,山色空濛雨亦奇。 
若把西湖比西子,濃妝淡抹總相宜。


春恨正關情,畫樓殘點聲。
又春が来て、春は男女の交わりが始まるものであるのに、侘びしい妃嬪は春を恨むしかないという、まさに、そうした感情で生きていくだけだ。夜明けが近くなったのか、飾られた高楼から時をつげる太鼓の音の名残のようにが途切れ途切れに聞こえてくる。
154.
 残点声 鍾鼓を鳴らして時を告げる音が、明方近くなって、眠い中ほとんどきこえなくなること。夜通し待っている様子、せつなさをあらわすもの。

洛陽女兒行 王維

 

洛陽女兒對門居,才可容顏十五餘。

良人玉勒乘驄馬,侍女金盤膾鯉魚。

畫閣朱樓盡相望,紅桃綠柳垂簷向。

羅幃送上七香車,寶扇迎歸九華帳。

狂夫富貴在青春,意氣驕奢劇季倫。

自憐碧玉親教舞,不惜珊瑚持與人。

春窗曙滅九微火,九微片片飛花璅。

戲罷曾無理曲時,妝成只是熏香坐。

城中相識盡繁華,日夜經過趙李家。

誰憐越女顏如玉,貧賤江頭自浣沙。

杜甫 麗人行

三月三日天氣新,長安水邊多麗人。

態濃意遠淑且真,肌理細膩骨肉勻。

繍羅衣裳照暮春,蹙金孔雀銀麒麟。

頭上何所有,    翠微盎葉垂鬢唇。

背後何所見,    珠壓腰穩稱身。

就中雲幕椒房親,賜名大國虢與秦。

紫駝之峰出翠釜,水精之盤行素鱗。

犀箸厭飫久未下,鸞刀縷切空紛綸。

黄門飛鞚不動塵,御廚絡繹送八珍。

簫管哀吟感鬼神,賓從雜遝實要津。

後來鞍馬何逡巡,當軒下馬入錦茵。

楊花雪落覆白蘋,靑鳥飛去銜紅巾。

炙手可熱勢絶倫,慎莫近前丞相嗔。

 

 

三月三日  天氣 新たに,長安の水邊  麗人  多し。

態は濃く 意は遠くして淑且かつ真に,肌理きりは 細膩さい にして  骨肉は勻ひとし。

繍羅しう の衣裳は 莫春に 照はゆる,蹙金しゅくきんの孔雀 じゃく  銀の麒麟 りん。

頭上何の有る所ぞ, 翠を盎葉おうようと爲して鬢びん脣しんに 垂たる。

背後何の見る所ぞ,珠は腰衱えうけふを壓して穩やかに身に稱かなふ。』

就中なかんづく 雲幕の椒房せうばうの親しん,名を賜ふ 大國  虢くゎくと秦しんと。

紫駝しだの峰を翠釜すゐ より 出いだし,水精の盤に  素鱗 行くばる。

犀箸さいちょ 厭飫えんよして久しく未だ下さず,鸞刀らんたう 縷切る せつして  空しく紛綸たり。

黄門 鞚くつわを飛ばして塵を動かさず,御廚ぎょちゅう 絡繹らくえきとして 八珍を送る。

簫管 哀吟して 鬼神をも感ぜしめ,賓從ひんじゅう 雜遝ざったふして  要津えうしんに實みつ。』

後れ來たる鞍馬は何ぞ 逡巡んする,軒に當たりて 馬より下りて  錦茵きんいんに入る。

楊花やうくゎ 雪のごとく落ちて  白蘋はくひんを覆ひ,靑鳥 飛び去りて  紅巾こうきんを銜ふくむ。

手を炙あぶらば 熱す可べし  勢は絶倫なり,慎みて 近前する莫れ  丞相じょうしゃう 嗔いからん。』

 

花間集 温庭筠 《菩薩蠻十四首 【字解集】》 

 唐 長安図 基本図00

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い