花間集 訳注解説 巻三-31 (148)回目薛昭蘊十九首《浣溪紗八首其五》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8456

 薛昭蘊 《巻三-31 浣溪紗八首其五》

 

201742

の紀頌之5つの校注Blog

 

  総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

744年-集11字解集 漢東紫陽先生碑銘Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8453

LiveDoo

rBlog

744年-集11字解集 漢東紫陽先生碑銘Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8454

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

806年-44 全唐詩題張十一旅舍三詠:榴花 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集8454

LiveDoo

rBlog

806年-集11- ・a.短燈檠歌 ・b.春雪 ・c.春雪 ・d.春雪間早梅 ・e.早春雪中聞鶯 ・f.和歸工部送僧約 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集8449

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-89 見螢火 杜詩詳注(卷一九(四)一六七六)Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8455

LiveDoo

rBlog

767年-集-8 【字解集】 ・a.雨 ・b. ・c.溪上 ・d樹間 .・e.白露 f.老病 g.晴二首 h.雨 i.醉為馬墜群公攜酒相看 杜詩詳注 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8456

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 巻三-31 (148)回目薛昭蘊十九首《浣溪紗八首其五》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8456 (04/02)

  fc2

Blog

花間-011 字解集128)回目韋莊a.謁金門 b.江城子 c.河傳 d.天仙子五首 【字解集】》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8336 (03/14)

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

玉-041§9 古詩 爲焦仲卿妻作§9-#3〔無名氏〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻一ブログ 8457

LiveDoo

rBlog

玉集-09 定情詩一首 【字解集】漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 8241

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

文選

古詩源

花間集案内

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

花間集 訳注解説 巻三-31 (148)回目薛昭蘊十九首《浣溪紗八首其五》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8456

(浣溪紗八首 其の五:元宵節の時に知り合って、親の目を盗んで、月一回のお参りに、寒食・清明節と逢瀬を重ねた。才色兼備の令嬢崔鶯鶯はと書生の張君瑞とたまたま元宵節で出会って愛しあい、封建道徳の束縛と母親の反対を押しのけて西廂(西の棟)でこっそりと会っては情交を結んだ、それは悲恋に終わったと詠う)

元宵節で、知り合って、寒食の時に逢瀬を約束をしてここにきた、簾を下して、三つ時をすごして、寺の西廂の土塀の牆を出でいくと,街には楊柳が垂れ綠を濃くして、春の盛り、陰を長くしている,まだお幼顏の頬を赤く染めている翡翠の飾りも軽く揺れている、化粧を直して濃い化粧に変わっている。人目を忍んで、ちらっと垣間見ることの逢瀬をなお続けていたが悲恋に終わり、今は却ってここに来て見るとそこは寂しい所でしかなく、思いを巡らすけれどうまくいかなかったことはいろいろありそうだ、今になってみればあの逢瀬は仙郷での出来事のように遠いものになってしまった。

 

 

 

 

 

花間集 巻三

 

 

 

 

 

薛侍郎昭蘊十九首:

花間集に薛昭蘊の詞は《小重山二首》《浣溪紗八首》《喜遷鶯三首》《離別難一首》《相見歡一首》《醉公子一首》《女冠子二首》《謁金門一首》の十九首所収している。

 

浣溪沙八首 其一

紅蓼渡頭秋正雨,印沙鷗跡自成行,整鬟飄袖野風香。

不語含嚬深浦裏,幾迴愁煞棹舡郎,鷰歸帆盡水茫茫。

 

其二

鈿匣菱花錦帶垂,靜臨蘭檻卸頭時,約鬟低珥等歸期。

茂茂艸青湘渚闊,夢餘空有漏依依,二年終日損芳菲。

 

其三

粉上依稀有淚痕,郡庭花落欲黃昏,遠情深恨與誰論。

記得去年寒食日,延秋門外卓金輪,日斜人散暗消魂。

 

其四

握手河橋柳似金,蜂鬚輕惹百花心,蕙風蘭思寄清琴。

意滿便同春水滿,情深還似酒盃深,楚煙湘月兩沉沉。

 

其五

簾下三間出寺牆,滿街垂楊綠陰長,嫩紅輕翠間濃粧。

瞥地見時猶可可,卻來閑處暗思量,如今情事隔仙

 

其六

江館清秋纜客舡,故人相送夜開筵,麝煙蘭焰簇花鈿。

正是斷魂迷楚雨,不堪離恨咽湘絃,月高霜白水連天。

 

其七

傾國傾城恨有餘,幾多紅淚泣姑蘇,倚風凝睇雪肌膚。

主山河空落日,越王宮殿半平蕪,藕花菱蔓滿重湖。

 

其八

越女淘金春水上,步搖雲鬢珮鳴璫,渚風江草又清香。

不為遠山凝翠黛,只應含恨向斜陽,碧桃花謝憶劉郎。

 

 

 

 

 

花間集 教坊曲《浣溪紗八首其五》韋莊

 

 

花間集 訳注解説 巻三-31浣溪紗八首其五

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8456

 

 

 

才色兼備の令嬢崔鶯鶯は、書生の張君瑞とたまたま元宵節で出会って愛しあい、封建道徳の束縛と母親の反対を押しのけて西廂(西の棟)でこっそりと会っては情交を結んだ、というロマンチックな物語も生れた(元稹『蔦鴬伝』)。これは後世、ながく名作として喧伝されることになる戯曲『西廂記』 の原話である。これは中国古代の恋愛物語の典型ということができる。また、別の話であるが、美しくて聡明な官僚の家の娘無双は、従兄と幼い時から仲良く遊び互いに愛し合っていた。後に無双が家族の罪に連坐し宮中の婢にされると、この従兄は侠客に頼んで彼女を救い出し、二人はめでたく結婚したという話(薛調『劉無双伝』)。名妓李娃は、自分のために金と財産を使い果し、乞食に落ちぶれた某公子を救い、さんざん苦労して彼が名を成すのを助け、二人は白髪になるまで一緒に暮らしたという話(『李娃伝』)。妓女霞小玉は才子の李益を死ぬほど愛したが、李益は途中で心変りして彼女を棄ててしまった。小玉は気持が沈んで病気にかかり、臨終に臨み李益をはげしく恨んで失恋のため死んでしまったという話(蒋防『霍小玉伝』)。唐代には、こうした話以外に、人と神、人と幽霊、人と狐が愛しあう「柳毅伝書」、「蘭橋遇仙」など有名な物語がたくさん生れた。唐代の愛情物語は、中国古代のなかできわだっており、後代の戯曲、小説に題材を提供する宝庫となった。

 

愛情物語の中ばかりでなく、現実の生活の中でも、当時の労働する女性たちが自由に恋愛し夫婦となることは、どこでもわりに一般的に見られることであった。「妾が家は越水の辺、艇を揺らして江煙に入る。既に同心の侶を覚め、復た同心の蓮を来る」(徐彦伯「採蓮曲」)。あるいは「楊柳青青として 江水平らかに、邸が江上の唱歌の声を聞く。東辺に日出で西辺は雨、遣う是れ無暗(無情)は却って有晴(有情)」(劉禹錫「竹枝詞」)などと詠われている。これらは労働する女性たちの自由な愛情を描いている。彼女たちは長年屋外で働いていたので、男性との交際も比較的多かった。同時にまた、封建道徳観念は稀薄であり、感情は自然で自由奔放であったから、自由な恋愛はわりに多くみられた。一般庶民の家の娘は礼教の影響や束縛を受けることが比較的少なく、自由な男女の結びつきは常に、またどこにでも存在していたのである。たとえば、大暦年間、才女の見栄は隣に住む文士の文茂と常に詩をやりとりして情を通じ、また機会を見つけては情交を重ねた。見栄の母はそれを知り、「才子佳人というものは、往々にしてこんなふうになるものだ」と嘆息したが、ついに二人を結婚させた(『古今図書集成』「閏媛典閏藻部」)。この話は、当時の社会には男女の自由な恋愛やひそかな情交があったばかりでなく、こうした関係を父母が許していたことも示している。

 

女性が恋人と駆落ちするという事件も時々発生した。白居易は次に紹介する詩の中で、庶民の娘の「駆落ち」について書いている。

 

 

井底引銀缾 白居易 (井底より銀缾を引く)白居易(白氏文集 巻四)

井底引銀缾、銀瓶欲上糸縄絶。

石上磨玉簪、玉簪欲成中央折。

瓶沈簪折知奈何、似妾今朝与君別。

憶昔在家為女時、人言挙動有殊姿。

嬋娟両鬢秋蝉翼、宛転双蛾遠山色。

笑随戯伴後園中、此時与君未相識。

妾弄青梅憑短牆、君騎白馬傍垂楊。

牆頭馬上遥相顧、一見知君卽断腸。

 

知君断腸共君語、君指南山松柏樹。

感君松栢化為心、暗合双鬢逐君去。

到君家舎五六年、君家大人頻有君。

聘則為妻奔是妾、不堪主祀奉蘋蘩。

終知君家不可住、其奈出門無去処。

豈無父母在高堂、亦有情親満故郷。

潜来更不通消息、今日悲羞帰不得。

為君一日恩、誤妾百年身。

寄言癡小人家女、慎勿将身軽許人。

 

(井底より銀缾を引く)

井の底より銀缾を引きあぐに、銀桝は上らんと欲で糸縄絶つ。

石の上にて玉くつわ簪を磨くも、玉簪は成らんと欲て中央より折れたり。

研沈み簪折れる 知らず奈何せん、妾 今朝君と別れるに似たり。

憶うに昔家に在りて女為りし時、人言う 挙動に殊姿有りと。

嬋娟な両鬢は秋蝉の翼、宛転った双蛾は遠山の色。

笑いで戯伴に随う後園の中、此の時君と末だ相い識らず。

妾は青梅を弄びて短塔に憑りかかり、君は白馬に騎って垂楊に傍う。

墻頭と馬上とで遥かに相い顧み、一見して君が即ち断腸たるを知る。

 

君の断腸たるを知りて君と共に語り、君は南山の松柏の樹(雄大にして常緑なる巨木のたとえ)を指さす。

君が松柏を化して心と為す(わが心は松柏の如く四時変ることがない)に感じ、闇かに双鬟(少女の髪型)を合して君を逐うて去る。

君が家に到りて舎ること五、六年、君が家の大人頻りに言有り(小言をいう)。

「聘すれば(礼をもって迎えたならば)則ち妻と為り 奔すれば(出奔して来たならば)是れ妾、

主祀(祭りの主宰)として蘋蘩(供物とするヨモギ科の草)を奉ずるに堪えず」と。

終に君が家の住まる可からざるを知るも、其れ門を出でて去く処無きを奈んせん。

豈 父母の高堂に在る無からんや、亦た親情(肉親)の故郷に満つる有り。

潜かに来れば更に消息を通ぜず、今日 悲しみ羞じて帰り得ず。

君が一日の恩の為に、妾が百年の身を誤る。

言を痴小なる人家の女に寄す、「慎んで身を将て軽しく人に許すこと勿れ」と。

 

 

白居易は詩を書いて世の人々を戒めたのであるが、こうした駆落ちは決して例外的なことではなく、また結婚も必ずしも両家の家長の承認を得なければならないものでもなかったことが分かる。官僚の家の女子の自由恋愛は比較的困難であったが、元稹が自分の経験に基づいて書いた『鴬鴬伝』や、陳玄祐の『離魂記』、薛調の『劉無双伝』などの小説が世に出現したことは、彼女たちの中にも崔鶯鴬のような、封建道徳への反逆者たちが出現していたことを示している。六朝以来、儒教的恋愛観は嫌気があり、そこに、北方文化との融合があって、自由な恋愛が広がったのである。(この時期の自由恋愛の風潮は、中國のみならず、日本を含めた世界的なものである。)

要するに、唐代の女性たちの愛を追求する想いは、決して封建道徳というのはこの頃は成熟していなくて、完全に圧殺されはしなかったし、彼女たちの勇気に人々は感嘆の声を上げたのである。

唐代の女性の恋愛観は社会全体の価値観の影響を全面的に受けて、相手に「文才」があることをとても重んじた。小説はもちろん現実の世界においても、女性が愛する対象はたいてい風流才子であった。「我は悦ぶ 子の容艶を、子は傾く 我が文章に」(李白「情人に別れしひとに代りで」)、「娘は才を愛し、男は色を重んじる」(『零小玉伝』)というように、女は男の才能を愛し、男は女の容色を重んずるというのが、唐代の男女の典型的な恋愛観であった。ここから、後世の小説や戯曲の中の「才子佳人」という恋愛パターンが形成されたのである。

 

改訂版)-4.薛昭蘊131《巻三34浣溪紗八首 其五》

浣溪沙八首其五

(浣溪紗八首 其の五:元宵節の時に知り合って、親の目を盗んで、月一回のお参りに、寒食・清明節と逢瀬を重ねた。才色兼備の令嬢崔鶯鶯はと書生の張君瑞とたまたま元宵節で出会って愛しあい、封建道徳の束縛と母親の反対を押しのけて西廂(西の棟)でこっそりと会っては情交を結んだ、それは悲恋に終わったと詠う)

簾下三間出寺牆,滿街垂楊綠陰長,嫩紅輕翠間濃粧。

元宵節で、知り合って、寒食の時に逢瀬を約束をしてここにきた、簾を下して、三つ時をすごして、寺の西廂の土塀の牆を出でいくと,街には楊柳が垂れ綠を濃くして、春の盛り、陰を長くしている,まだお幼顏の頬を赤く染めている翡翠の飾りも軽く揺れている、化粧を直して濃い化粧に変わっている。

瞥地見時猶可可,卻來閑處暗思量,如今情事隔仙

人目を忍んで、ちらっと垣間見ることの逢瀬をなお続けていたが悲恋に終わり、今は却ってここに来て見るとそこは寂しい所でしかなく、思いを巡らすけれどうまくいかなかったことはいろいろありそうだ、今になってみればあの逢瀬は仙郷での出来事のように遠いものになってしまった。


 

改訂版)-4.薛昭蘊131《巻三34浣溪紗八首 其五》 

『浣溪沙八首』 現代語訳と訳註

(本文)

浣溪沙八首其五

簾下三間出寺牆,滿街垂楊綠陰長,嫩紅輕翠間濃粧。

瞥地見時猶可可,卻來閑處暗思量,如今情事隔仙

 

(下し文) 改訂版)-4.薛昭蘊131《巻三34浣溪紗八首 其五》

其五

簾下 三間 寺牆を出づ,街に滿る楊を垂れ綠陰長くす,嫩紅【どんこう】輕翠【けいすい】 濃粧を間にす。

瞥地 見時 猶お可可とし,卻って來る 閑處 思量を暗くす,如今 情事 仙を隔つ。

  

(現代語訳) 改訂版)-4.薛昭蘊131《巻三34浣溪紗八首 其五》

(浣溪紗八首 其の五:元宵節の時に知り合って、親の目を盗んで、月一回のお参りに、寒食・清明節と逢瀬を重ねた。才色兼備の令嬢崔鶯鶯はと書生の張君瑞とたまたま元宵節で出会って愛しあい、封建道徳の束縛と母親の反対を押しのけて西廂(西の棟)でこっそりと会っては情交を結んだ、それは悲恋に終わったと詠う)

元宵節で、知り合って、寒食の時に逢瀬を約束をしてここにきた、簾を下して、三つ時をすごして、寺の西廂の土塀の牆を出でいくと,街には楊柳が垂れ綠を濃くして、春の盛り、陰を長くしている,まだお幼顏の頬を赤く染めている翡翠の飾りも軽く揺れている、化粧を直して濃い化粧に変わっている。

人目を忍んで、ちらっと垣間見ることの逢瀬をなお続けていたが悲恋に終わり、今は却ってここに来て見るとそこは寂しい所でしかなく、思いを巡らすけれどうまくいかなかったことはいろいろありそうだ、今になってみればあの逢瀬は仙郷での出来事のように遠いものになってしまった。

 

(訳注) 改訂版)-4.薛昭蘊131《巻三34浣溪紗八首 其五》

浣溪紗八首 其五

29. (浣溪紗八首 其の五:元宵節の時に知り合って、親の目を盗んで、月一回のお参りに、寒食・清明節と逢瀬を重ねた。才色兼備の令嬢崔鶯鶯はと書生の張君瑞とたまたま元宵節で出会って愛しあい、封建道徳の束縛と母親の反対を押しのけて西廂(西の棟)でこっそりと会っては情交を結んだ、それは悲恋に終わったと詠う)

30. 【解説】唐の元稹(げんしん)の伝奇小説《鶯鶯伝》を題材とし,書生の張珙と崔鶯鶯の恋愛を描くが,《鶯鶯伝》では破局におわる2人の愛情が,めでたく成就するよう話の筋が改められている。のちの元代の演劇である〈雑劇〉の代表作,王実甫の《西廂記》に大きな影響をあたえた。

・春まだ寒い時期、染め付けた布地を水にさらした後、河原に干す。春になると谷間の美しい光景となる。「浣溪沙」は、寒食、清明節、春の河原に、色とりどりの万幕を張って行楽を楽しむ様子が布地を晒し、乾かす光景と似ているために、春の行楽の恋模様を詠うものである。多くの階層の歌があるが、妃嬪・宮人・妓優のものがほとんどである。

31.【構成】・『花間集』には薛昭蘊の作が八首収められている。双調四十二字、前段二十一字三句三平韻、後段二十一字三句二平韻で、⑦⑦⑦/7⑦⑦の詞形をとる。韋荘の浣渓抄の解説参照。

『花間集』には薛昭蘊の作が八首収められている。

(改訂版)浣溪紗八首 其一

双調四十二字、前段二十一字三句三平韻、後段二十一字三句二平韻で、7⑦⑦/7⑦⑦の詞形をとる。

紅蓼渡頭秋正雨、印沙鷗跡自成整鬟飄袖野風

不語含嚬深浦裏幾迴愁煞棹舡、鷰歸帆盡水茫茫。

双調四十二字、前段二十一字三句三平韻、後段二十一字三句二平韻で、⑦⑦⑦/7⑦⑦の詞形をとる。

(改訂版)浣溪沙八首其二

鈿匣菱花錦帶,靜臨蘭檻卸頭,約鬟低珥等歸

茂茂艸青湘渚闊,夢餘空有漏依,二年終日損芳

(改訂版)浣溪紗八首 其三

粉上依稀有淚、郡庭花落欲黃昏、遠情深恨與誰論。

記得去年寒食日、延秋門外卓金、日斜人散暗消魂。

(改訂版)《巻三33浣溪紗八首 其四》

握手河橋柳似、蜂鬚輕惹百花心、蕙風蘭思寄清琴。

意滿便同春水滿、情深還似酒盃、楚煙湘月兩沉沉。

 

改訂版)浣溪紗八首 其五

簾下三間出寺、滿街垂楊綠陰長、嫩紅輕翠間濃

瞥地見時猶可可、卻來閑處暗思、如今情事隔仙

○。

 

簾下三間出寺牆,滿街垂楊綠陰長,嫩紅輕翠間濃粧。

元宵節で、知り合って、寒食の時に逢瀬を約束をしてここにきた、簾を下して、三つ時をすごして、寺の西廂の土塀の牆を出でいくと,街には楊柳が垂れ綠を濃くして、春の盛り、陰を長くしている,まだお幼顏の頬を赤く染めている翡翠の飾りも軽く揺れている、化粧を直して濃い化粧に変わっている。

32. ・三間 ①柱の三区間。②昼間の午前、正午、午後。③季節の三季。春、夏、秋。

33. ・嫩 1 発芽して最初に出る葉。双子葉植物で2枚出る。《季 春》2 人間の幼少のころ。また、物事の初め。「栴檀(せんだん)は―より芳(かんば)し」3 名香の一。伽羅(きゃら)で香味は苦甘。羅国。ふたばあおい双葉葵。

34. ・出寺牆 当時の娘、妃嬪、など、深窓の中に暮らし、外出する自由はなかった。外出が許されるのは、正月十五日の元宵節や、寒食清明、あるいは寺社参りなど、特別な日に限られていた。しかも一人での外出など許されなかった。

 封建的な時代には、若い女性は自由に外出できなかったので、未婚の若い男女が出会う機会はあまりない。ただ、元宵節の日は、花提灯を観賞するという口実で遊びに出かけ、相手を探すことができた。若い男女にとって元宵節の期間は、恋人に出会うための「恋人節」であった。

 

瞥地見時猶可可,卻來閑處暗思量,如今情事隔仙

人目を忍んで、ちらっと垣間見ることの逢瀬をなお続けていたが悲恋に終わり、今は却ってここに来て見るとそこは寂しい所でしかなく、思いを巡らすけれどうまくいかなかったことはいろいろありそうだ、今になってみればあの逢瀬は仙郷での出来事のように遠いものになってしまった。

35. ・瞥地 うつむいてちらりと垣間見ること。よって、正視するに到らずちらりと見る程度の境涯ということ。瞥地見時は「瞥見地時」とよむ。

36. ・猶可可 その後もかわいそうであり、あわれでもあることが続いている。

37. ・暗思量 思いを巡らすけれど悪い様に考えてしまうというほどの意。 思量:①意志と局量。②思いを巡らす。種々に考える。元稹《和樂天夢亡友劉太白同遊二首》元稹 君詩昨日到通州,萬里知君一夢劉。 閑坐思量小來事,只應元是夢中游。 老來東郡複西州,行處生塵為喪劉。③思慮の量度。

38. ・如今 当世,現今,今ごろ,現在.◇''は時間的にごく短くてもかなり長くてもよいが,'如今'は過去のある時期と比べた現在のかなり幅のある時間を言う

 39. 参考

和樂天夢亡友劉太白同遊二首 其一(唐·元稹)

  七言句 押尤韻  顯示自動注

 

題注:元和十三年作於通州,時為通州司馬。白居易原唱為《夢亡友劉太白同游章敬寺》,次韻唱和。白詩云:“十五年前哭老劉”,劉卒於貞元二十年,故當元和十三年作。劉太白:指劉敦質,參本卷《和樂天劉家花》注。

君詩昨日到通州,萬里知君一夢劉。閑坐思量小來事,秪應元是夢中遊。

 

○秪應元 秖:同“祇”,僅。元:本來,原來,後作原。清顧炎武《日知錄》卷三二:“元者,本也。本官曰元官,本籍曰元籍,本來曰元來。唐宋人多此語,後人以‘原’字代之。”

唐の元稹(げんしん)《会真記(鶯鶯伝)》にもとづく金代の語り物《董西廂》を歌劇に改編したもので,山西省隅の名刹を舞台に展開される,旅の書生と亡き宰相の令嬢の波乱にみちた恋愛をつづる。作者は語り物が設定した封建礼教に対する自由結婚の抗争というテーマに添いつつ,登場人物たちの性格を的確に強調し,礼教の権化たる宰相未亡人と人間性を代弁する小間使いを両極に配しつつ,その間に恋の当事者を介在させ,彼ら相異なる四つの性格の対比が生む多様な波乱を,雅俗語を巧みに使い分ける洗練された筆致で描く。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い