花間集 訳注解説 (129)回目韋莊二十五首《巻三-13 喜遷鶯二首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8342

 韋莊《巻三-13 喜遷鶯二首其一》

 

2017314

の紀頌之5つの校注Blog

 

  総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

744年-集10【字解集】 a. 贈郭將軍 b. 贈崔侍御 C.贈參寥子 d.贈盧徵君昆  e.贈薛校書  d。灞陵行送別 Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8339

LiveDoo

rBlog

744年-集10【字解集】 a. 贈郭將軍 b. 贈崔侍御 C.贈參寥子 d.贈盧徵君昆  e.贈薛校書  d。灞陵行送別 Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8340

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

806年-集09- 【字解集】・贈崔立之評事 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集8340

LiveDoo

rBlog

806年-集09- 【字解集】・贈崔立之評事 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集8341

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-78#4 暇日小園散病將種秋菜督勒(郭作勒)耕牛兼書觸目#4 杜詩詳注(卷一九(四)一六六九)Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8347

LiveDoo

rBlog

767年-集-6 【字解集】 ・a.又上後園山 ・b.奉送王信州崟北歸 杜詩詳注()Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8300

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (129)回目韋莊二十五首《巻三-13 喜遷鶯二首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8342 (03/14)

  fc2

Blog

花間-011 字解集128)回目韋莊a.謁金門 b.江城子 c.河傳 d.天仙子五首 【字解集】》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8336 (03/14)

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

玉-041§5 古詩 爲焦仲卿妻作§5-#1〔無名氏〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻一ブログ 8343

LiveDoo

rBlog

玉集-09 定情詩一首 【字解集】漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 8241

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

文選

古詩源

花間集案内

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

花間集 訳注解説 (129)回目韋莊二十五首《巻三-13 喜遷鶯二首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8342 

(喜遷鶯【きせんのう】二首 其の一:科挙の試験に合格し、心ウキウキ、舞上っていて、天子にお目見えするさまを、これまで経験していないことから、道教の神、玉華君にお目見えするさまを借りて詠う。)

暗いうちから人は参朝のため騒がしく準備をする、鼓の響きが轟きわたるごろには、時は今、五更、颯爽と夜明けの風が襟袖を吹き過ぎる。皇城の上には天空に照るおぼろの月が柔らかな後光のようにある、馬に跨り進めると、それは虚空の仙界に昇るようだ。衣に香が満たされるし、見れば皇城の通路は雲中のように香煙がいっぱいに漂う、まさに天界そのもので、この身のまわりを鳳凰が飛び舞うようである。いよいよ、虹の旗や、紅き旗を掲げ持つ儀仗隊の一群に導かれ、合格者もひと塊となって進む、いよいよ神であるところの玉華君にお目通りして、最期の試験、殿試を受けるのである。

 

 

 

 

 

花間集 巻三

 

 

 

 

 

喜遷鶯二首 其一

人洶洶,鼓鼕鼕,襟袖五更風。

大羅天上月朦朧,騎馬上虛空。

香滿衣,雲滿路,鸞鳳繞身飛舞。

霓旌絳節一群群,引見玉華君。

 

喜遷鶯二首 其二

街鼓動,禁城開,天上探人

鳳銜金榜出雲來,平地一聲雷。

鶯已遷,龍已化,一夜滿城車馬。

家家樓上簇神仙,爭看鶴沖天。

 

 

 

 

 

 

 

 

花間集 教坊曲『喜遷鶯』 六首

 

 

作者

初句7字

 

 

韋相莊

3-13 

喜遷鶯二首 其一

人洶洶,鼓鼕鼕,

 

 

 

3-14

喜遷鶯二首 其二

街鼓動,禁城開,

 

 

 

03-43

9 16 喜遷鶯三首 其一

殘蟾落,曉鐘鳴,

 

 

薛侍郎昭蘊

03-44

9 17 喜遷鶯三首 其二

金門曉,玉京春,

 

 

 

03-45

9 18 喜遷鶯三首 其三

清明節,雨晴天,

 

 

毛司徒文錫

0509

8 -11 喜遷鶯一首

芳春景,曖晴煙,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花間集 教坊曲《天仙子五首其五》韋莊

 

 

花間集 訳注解説 巻三-12天仙子五首其五

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8330

 

 

-35韋荘113《巻3-13 喜遷鶯二首 其一》

喜遷鶯二首 其一

(喜遷鶯【きせんのう】二首 其の一:科挙の試験に合格し、心ウキウキ、舞上っていて、天子にお目見えするさまを、これまで経験していないことから、道教の神、玉華君にお目見えするさまを借りて詠う。)

人洶洶,鼓鼕鼕,襟袖五更風。

暗いうちから人は参朝のため騒がしく準備をする、鼓の響きが轟きわたるごろには、時は今、五更、颯爽と夜明けの風が襟袖を吹き過ぎる。

大羅天上月朦朧,騎馬上虛空。

皇城の上には天空に照るおぼろの月が柔らかな後光のようにある、馬に跨り進めると、それは虚空の仙界に昇るようだ。 

香滿衣,雲滿路,鸞鳳繞身飛舞。

衣に香が満たされるし、見れば皇城の通路は雲中のように香煙がいっぱいに漂う、まさに天界そのもので、この身のまわりを鳳凰が飛び舞うようである。

霓旌絳節一群群,引見玉華君。

いよいよ、虹の旗や、紅き旗を掲げ持つ儀仗隊の一群に導かれ、合格者もひと塊となって進む、いよいよ神であるところの玉華君にお目通りして、最期の試験、殿試を受けるのである。

(喜遷鶯【きせんのう】二首 其の一)

人は洶洶【きょうきょう】として、鼓は鼕鼕【とうとう】たり。襟袖【きんしゅう】五更の風。

大羅 天上 月 朦朧【もうろう】たり、馬騎して 虚空に上る。

香は衣に満ち、雲は路に満つ、鸞鳳 身を繞りて 飛び舞う。

霓旌【げいせい】絳節【こうせつ】一群群、立華君に引見せらる。

 

 

(改訂版)-35韋荘113《巻3-13 喜遷鶯二首 其一》 

『喜遷鶯二首』 現代語訳と訳註

(本文)

喜遷鶯二首 其一

人洶洶,鼓鼕鼕,襟袖五更風。

大羅天上月朦朧,騎馬上虛空。

香滿衣,雲滿路,鸞鳳繞身飛舞。

霓旌絳節一群群,引見玉華君。

 

(下し文)

(喜遷鶯【きせんのう】二首 其の一)

人は洶洶【きょうきょう】として、鼓は鼕鼕【とうとう】たり。襟袖【きんしゅう】五更の風。

大羅 天上 月 朦朧【もうろう】たり、馬騎して 虚空に上る。

香は衣に満ち、雲は路に満つ、鸞鳳 身を繞りて 飛び舞う。

霓旌【げいせい】絳節【こうせつ】一群群、立華君に引見せらる。

 

(現代語訳)

(喜遷鶯【きせんのう】二首 其の一:科挙の試験に合格し、心ウキウキ、舞上っていて、天子にお目見えするさまを、これまで経験していないことから、道教の神、玉華君にお目見えするさまを借りて詠う。)

暗いうちから人は参朝のため騒がしく準備をする、鼓の響きが轟きわたるごろには、時は今、五更、颯爽と夜明けの風が襟袖を吹き過ぎる。

皇城の上には天空に照るおぼろの月が柔らかな後光のようにある、馬に跨り進めると、それは虚空の仙界に昇るようだ。 

衣に香が満たされるし、見れば皇城の通路は雲中のように香煙がいっぱいに漂う、まさに天界そのもので、この身のまわりを鳳凰が飛び舞うようである。

いよいよ、虹の旗や、紅き旗を掲げ持つ儀仗隊の一群に導かれ、合格者もひと塊となって進む、いよいよ神であるところの玉華君にお目通りして、最期の試験、殿試を受けるのである。

芍薬003
 

(訳注) (改訂版)-35韋荘113《巻3-13 喜遷鶯二首 其一》

喜遷鶯二首 其一

1. (喜遷鶯【きせんのう】二首 其の一:科挙の試験に合格し、心ウキウキ、舞上っていて、天子にお目見えするさまを、これまで経験していないことから、道教の神、玉華君にお目見えするさまを借りて詠う。)

2. 遷鶯 鶯遷のこと。 鶯が谷から出て大きな木に移ること。転じて、立身出世すること。進士の試験に及第することをいう。科挙の試験に合格し、朝まだき、天子にお目見えするさまを、道教の神、玉華君にお目見えするさまを借りて詠うもので率直な表現をしている。前段は、天子に拝謁に向かう騎馬の行列の鳴り物入りの賑やかなさまは他人の騒がしさ、襟や袖を吹き過ぎる夜明けの風の模様、五更の空は自分自身が感じるこれまでと違った感覚などを描写する。後段は、参内する科挙の合格者の騎馬の列、それを導く儀仗隊の盛んなさま、合格者の豪華な着衣などを描写した後、いよいよ天子に拝謁するさまを述べる。韋荘は科挙の試験に幾度も失敗を重ね、晩年、五十九歳になって初めて合格した。この詞には、その歓びのさまが言葉の端々に表れている。後段最後の「玉華君に引見せらる」の句は、科挙の合格者が、天子直々の試験、殿試験を受けることを言ったものである。

『喜遷鶯二首』其一、『題酒家』「酒綠花紅客愛詩,落花春岸酒家旗。尋思避世爲逋客,不醉長醒也是癡。」題酒家 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-278-5-#32  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2937

韋莊 長安の春

長安二月多香塵、六街車馬聲鈴凛。

家家楼上如花人、千枝萬枝紅艶新。

簾間笑語自相問、何人占得長安春。』

長安春色本無主、古来盡屬紅樓女。

如今無奈杏園人、駿馬輕車擁将去。』

長安春 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-269-5-#23  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2892 

薛昭蘊 喜遷鶯三首 其二

金門曉,玉京春,駿馬驟輕塵。

樺煙深處白衫新,認得化龍身。

九陌喧,千啓,滿袖桂香風細。

杏園歡宴曲江濱,自此占芳辰。

9 17 喜遷鶯三首 其二 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-394-9-#17  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3517

またの名を《早梅芳》、《春光好》、《烘春桃李》、《喜遷鶯令》、《萬年枝》、《燕歸來》、《鶴沖天》、《鶴冲霽》、《燕帰梁》、などという。

3.【構成】「花間集」には韋荘の詩二首収められている。双調四十七字、前段二十三字五句五平韻、後段二十四字五句二仄韻二平韻で、③③⑤⑦⑤/3❸❻⑦⑤の詞形をとっている。

人洶,鼓鼕,襟袖五更

大羅天上月朦,騎馬上虛

香滿衣,雲滿,鸞鳳繞身飛

霓旌絳節一群,引見玉華

   

 

   
  

 

霓裳羽衣舞001

人洶洶,鼓冬冬,襟袖五更風。

暗いうちから人は参朝のため騒がしく準備をする、鼓の響きが轟きわたるごろには、時は今、五更、颯爽と夜明けの風が襟袖を吹き過ぎる。

4. 洶洶 人声の騒がしいさま。車馬の準備で、下男たちが越えろ擧、馬が嘶く、車馬の行き交う音、朝ご飯の支度と唐のことを言う。

5. 鼕鼕 大鼓の音の擬音語。どんどん。

6. 襟袖有更風 襟や袖のあたりを吹き過ぎてゆく明け方の風。五更は夜明け近い時刻。夜明け前に朝廷に整列するためいえをはやくでて、この句からは、受験をしている時と、科挙に合格し、朝礼に参列するようになると、すべて違ってくる。作者の得意満面、颯爽と明け方近くの風を切ってゆくさまが窺える。

 

大羅天上月朦朧,騎馬上虛空。

皇城の上には天空に照るおぼろの月が柔らかな後光のようにある、馬に跨り進めると、それは虚空の仙界に昇るようだ。 

7. 大羅天 道家の説く最高の人。ここでは宮中を喩える。
8.
 上虚空 宮中に上ることをいう。

 

香滿衣,雲滿路,鸞鳳繞身飛舞。

衣に香が満たされるし、見れば皇城の通路は雲中のように香煙がいっぱいに漂う、まさに天界そのもので、この身のまわりを鳳凰が飛び舞うようである。

9. 雲満路 宮中に参内する合格者の騎馬や、それを導く儀仗隊の人々が道に溢れること、雲はお香に加えて彼らの足元から舞い上がる土埃を喩える。なお、道端に居並ぶ宮女のこと、あるいは車馬の盛んなさますべてが、天上、天界ということでもある。

10. 鸞鳳繞身飛舞 天界そのもので、この身のまわりを鳳凰が飛び舞うようであるこという。

 

霓族絳節一群群,引見玉華君。

いよいよ、虹の旗や、紅き旗を掲げ持つ儀仗隊の一群に導かれ、合格者もひと塊となって進む、いよいよ神であるところの玉華君にお目通りして、最期の試験、殿試を受けるのである。

11. 霓旌絳節 儀仗隊が手にする五色や紅の旗指物。

12. 玉華君 道教の上帝。ここでは天子を喩える。

13. 羣羣  むれ。ひとかたまりになったあつまり。また、なかま。みうち。もろもろ。。 まるく円陣をなして集まる。仲間たちが一つ所に集まる。

《鄭箋》孔羣,言和調也。 又緹羣,山名。《後漢·五行志》出門,望緹羣。 又羣羣。《李嘉祐詩》荻花寒漫漫,鷗鳥暮羣羣。

(改訂版)-34韋荘112《巻3-12 天仙子五首 其五》

金似衣裳玉似身、眼如秋水鬢如雲、霞裙月帔一羣羣。

來洞口 望煙分、劉阮不歸春日曛。

14. 引見 地位・身分の高い者が、相対的に身分の低い者を、自分のもとへ招いて面会すること。 特に天子が使節などと面会されることを指す際に用いられる。ここでは、科挙の合格者が、天子直々の試験、殿試験を受けることを言ったものである。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い