花間集 訳注解説 巻二-44 (109)回目韋莊二十二首 -17荷葉盃二首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8216

 韋莊二十二首 -17荷葉盃二首其二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017221

の紀頌之5つの校注Blog

 

 

 

 

  総合案内

 

 

 

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

 

 

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

744年-056巻161_37 「燕臣昔慟哭」詩(古風五十九首之三十七)(卷二(一)一五九)Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8213

 

 

LiveDoo

rBlog

744年-集08【字解集】 a古風五十九首之五十六 b朝下過盧郎 c登太白峰 d古風三十九 e陽春歌 f憶東山二首其二 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8207

 

 

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

 

 

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

 

 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

806年-30 全唐詩339_ 2 #3鄭群贈簟-#3 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集8214

 

 

LiveDoo

rBlog

806年-集06- 送許郢州序・寒食日出游 【字解集】 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集8160

 

 

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

 

 

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

 

 

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

 

 

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-74#3 阻雨不得歸瀼西甘林#3 杜詩詳注(卷一九(四)一六五九)Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8221

 

 

LiveDoo

rBlog

767年-集-4字解 【字解集】 a灩澦・ b七月一日題終明府水樓・c行官張望補稻畦水歸 字解集 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8173

 

 

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

 

 

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

 

 

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

 

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

 

 

 

杜甫詩 全詩 総合案内 

 

 

 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

 

 

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 巻二-44 (109)回目韋莊二十二首 -17荷葉盃二首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8216 (02/21)

 

 

  fc2

Blog

105)回目 浣溪沙五首 /菩薩鬘五首 /  歸國遥三首 【字解集】》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8192 (02/17)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

 

 

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

玉-040 定情詩一首§2 -#1〈繁  欽〉 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 8217

 

 

LiveDoo

rBlog

玉集-08 室恩一首・情詩一首 【字解集】   Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 8187

 

 

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

 

 

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

 

 

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

 

 

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

文選

古詩源

花間集案内

 

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

花間集 訳注解説 巻二-44 (109)回目韋莊二十二首 -17荷葉盃二首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8216

(初めて娘と話をし、好きになったけれど、美しい娘は後宮に召されるということで別れてしまったそれからというもの音信不通のまま逢うことはできないと詠う。)

あの年、花かげのもとで酒宴を楽しんだことを忘れることはない、それは深夜につづいた。

その時、はじめて娘に声をかけ、話をして好きになった。池にせりでたお座敷の西側の閨で、絵簾を垂れたその中で夜を過ごし、暗黙の内に次の逢瀬の日をきめ、手を携えた。それが娘は、後宮に召されることになり、恨みと嘆かわしいことに、暁の鶯が鳴き、名残の月が出ている中、たがいに別れた。それ以来、音信もなく、二人は隔絶した。 それから今まで、共にそのまま過ていき、むすめはまるで異郷の人というべきなってしまい、逢おうとしてもその手立てすらなくなってしまった。

 

 

 

 

 

花間集 巻二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花間集 教坊曲『荷葉盃』十四首

 

 

作者

初句7字

 

 

溫助教庭筠

巻二14

(改訂)荷葉盃 三首 其一

一點露珠凝冷

 

 

巻二15

(改訂)荷葉盃 三首 其二

鏡水夜來秋月

 

 

巻二16

(改訂)荷葉盃 三首 其三

楚女欲歸南浦

 

 

韋荘(韋相莊)

巻二44

荷葉杯二首其一

絶代佳人難得

 

 

巻二45

荷葉杯二首其二

記得那年花下

 

 

(顧太尉

巻七22

荷葉盃九首其一

春盡小庭花落

 

 

巻七23

荷葉盃九首其二

歌發誰家筵上

 

 

巻七24

荷葉盃九首其三

弱柳好花盡拆

 

 

巻七25

荷葉盃九首其四

記得那時相見

 

 

巻七26

荷葉盃九首其五

夜久歌聲怨咽

 

 

巻七27

荷葉盃九首其六

我憶君詩最苦

 

 

巻七28

荷葉盃九首其七

金鴨香濃鴛被

 

 

巻七29

荷葉盃九首其八

曲砌蝶飛煙暖

 

 

巻七30

荷葉盃九首其九

一去又乖期信

 

 

 

 

 

 

 

 

荷葉杯 二首其一

絶代佳人難得、傾国。

花下見無期。

一雙愁黛遠山眉、不忍更思惟。

閒掩翠屏金鳳、残夢。

羅幕畫堂空。

碧天無路信難通、惆悵舊房櫳。

 

荷葉杯二首其二

記得那年花下、深夜。

初識謝娘時。

水堂西面畫簾垂、攜手暗相期。

惆悵曉鶯殘月、相別。

從此隔音塵。

如今倶是異鄕人、相見更無因。

 

 

 

 

 

 

花間集 教坊曲《荷葉盃二首》韋莊

 

 

 

 

 

 

荷葉杯 二首其一

(絶世の美人を後宮に召した国は必ず頽廃し、傾国する。美女を送り出したものは思い偲んで、空虚な生活になると詠う。)

絶代佳人難得、傾国。

古来、国中に収集組織を作って集めても、絶世の美人というのは簡単に得られるものではなく、無理に集めて得たとしても、ほとんどその国は頽廃し、国を傾けている。

花下見無期。

無理に集められていった佳人とは花のもとに会う約束日にも逢うことはできない。

一雙愁黛遠山眉、不忍更思惟。

無理に集められていった佳人のことを思うと、大抵、鏡にうつす自分の顔は、縦一筋、横二筋の眉間と額にしわを寄せ、愁いを帯びた黛は遠山の力ないもので、思いは更につのるけれどもう耐えることができない。

閒掩翠屏金鳳、残夢。

こには、用もなくなって待ち侘びて広げたままの屏風があり、きまって金の番の鳳凰がいるもので、そこで夢だけが残っている。

羅幕畫堂空。

絵が画かれた薄絹の帳は空しさだけの閨となっている。

碧天無路信難通、惆悵舊房櫳。

どんな名文であっても、あおい天空に詞文を通わせることは難しく、恨み、嘆いて、引き裂かれた女と少し前まで過ごしていた閨の連子窓を見つめて、きっと佳人も御殿の中で籠の鳥のように過しているだろうと思うのである。

(荷葉杯 二首其の一)

絶代の佳人は得難く、傾国す。

花下に見るに期無し。

一雙の愁黛と遠山の眉にし、更に思惟するに忍びず。

閒かに翠屏の金鳳を掩へば、夢残る。

羅幕の畫堂も空し。

碧天には路無く信は通じ難し、惆悵たり舊房の櫳。

 

韋荘95《巻2-45 荷葉杯二首其二》
荷葉杯二首其二

(初めて娘と話をし、好きになったけれど、美しい娘は後宮に召されるということで別れてしまったそれからというもの音信不通のまま逢うことはできないと詠う。)

記得那年花下、深夜。

あの年、花かげのもとで酒宴を楽しんだことを忘れることはない、それは深夜につづいた。

初識謝娘時。

その時、はじめて娘に声をかけ、話をして好きになった。

水堂西面畫簾垂、攜手暗相期。

池にせりでたお座敷の西側の閨で、絵簾を垂れたその中で夜を過ごし、暗黙の内に次の逢瀬の日をきめ、手を携えた。

惆悵曉鶯殘月、相別。

それが娘は、後宮に召されることになり、恨みと嘆かわしいことに、暁の鶯が鳴き、名残の月が出ている中、たがいに別れた。

從此隔音塵。

それ以来、音信もなく、二人は隔絶した。 

如今倶是異鄕人、相見更無因。

それから今まで、共にそのまま過ていき、むすめはまるで異郷の人というべきなってしまい、逢おうとしてもその手立てすらなくなってしまった。

荷葉杯二首其の二

記し得たり  那の年 花の下、 深夜に。

初めて識る 娘と謝【はな】し 時。

水堂 西面にあり 畫簾垂れ、手を攜へ暗に相ひ期す。

惆悵たり  曉の鶯  殘の月、相ひ別る。

此れ從り 音塵 隔つ。

如今 倶に是れ 異鄕の人、相ひ見【まみ】ゆるに更に因る無し。

 


《荷葉杯二首其二》 現代語訳と訳註

(本文)

荷葉杯二首其二

記得那年花下、深夜。

初識謝娘時。

水堂西面畫簾垂、攜手暗相期。

惆悵曉鶯殘月、相別。

從此隔音塵。

如今倶是異鄕人、相見更無因。

 

(下し文)

荷葉杯二首其の二

記し得たり  那の年 花の下、 深夜に。

初めて識る 娘と謝【はな】し 時。

水堂 西面にあり 畫簾垂れ、手を攜へ暗に相ひ期す。

惆悵たり  曉の鶯  殘の月、相ひ別る。

此れ從り 音塵 隔つ。

如今 倶に是れ 異鄕の人、相ひ見【まみ】ゆるに更に因る無し。

 

(現代語訳)

(初めて娘と話をし、好きになったけれど、美しい娘は後宮に召されるということで別れてしまったそれからというもの音信不通のまま逢うことはできないと詠う。)

あの年、花かげのもとで酒宴を楽しんだことを忘れることはない、それは深夜につづいた。

その時、はじめて娘に声をかけ、話をして好きになった。

池にせりでたお座敷の西側の閨で、絵簾を垂れたその中で夜を過ごし、暗黙の内に次の逢瀬の日をきめ、手を携えた。

それが娘は、後宮に召されることになり、恨みと嘆かわしいことに、暁の鶯が鳴き、名残の月が出ている中、たがいに別れた。

それ以来、音信もなく、二人は隔絶した。 

それから今まで、共にそのまま過ていき、むすめはまるで異郷の人というべきなってしまい、逢おうとしてもその手立てすらなくなってしまった。

  

(訳注) 
荷葉杯二首其二

11.(初めて娘と話をし、好きになったけれど、美しい娘は後宮に召されるということで別れてしまったそれからというもの音信不通のまま逢うことはできないと詠う。)

12.【解説】 韋莊が蜀主王建に奪われた愛妾を偲んで、詠んだものとわれている。前段は、初めての出会いから、楽しい時を過ごしたこと。後段は、絶世の美女愛妾とは二度と会えない非痛な思いを述べていて、荷葉盃二首は、王建に奪われた愛妾を思っていることを言うということで読むと興味深いものになる。実際には、この事件を暗示させるだけで、宴席で笑い話のように詠ったものである。

荷葉杯というのは教坊曲で、秋、蓮をとる季節の乙女の心持を詠うものである。『花聞集』には韋莊の作が.二首収められている。双調五十字、前段二十五字五句二仄韻三平韻、後段二十五字五句二仄韻三平韻で❻❷⑤⑦⑤/❻❷⑤⑦⑤詞形をとる。

同題の溫庭筠 単調二十三字、六句四仄韻二平韻で、❻❷③❼❷③の詞形であり、顧夐の作、九首は、双調二十六字、前段八字二句二仄韻、後段十二字四句四平韻で、❷/⑤⑦③③の詞形をとり、三者三様の詞形としている。

荷葉杯 二首其一

絶代佳人難  
花下見無  一雙愁黛遠山
不忍更思

閒掩翠屏金 

羅幕畫堂
碧天無路信難  惆悵舊房

 

 

 ○▲


 

荷葉杯二首其二

記得那年花 

初識謝娘

水堂西面畫簾 攜手暗相

惆悵曉鶯殘 

從此隔音

如今倶是異鄕 相見更無

  

 

 


  

 

記得那年花下、深夜。

あの年、花かげのもとで酒宴を楽しんだことを忘れることはない、それは深夜につづいた。

13. ・記得:(俗語・現代語)…を覚えている。(「記」は、覚えている。記憶している。

14. ・那年:(俗語)あのとし。彼(か)のとし。

15. ・花下:花のもと。花底。行楽、酒宴を意味する。

 

初識謝娘時。

その時、はじめて娘に声をかけ、話をして好きになった。

16. ・初識:はじめて知り合ったとき。 

17. ・謝娘:ここは、娘に声をかけて話をする。「あの女性」の意。固有名詞ではあるが、詞では、若くて美しい女性を指す。乙女。マドンナ。

 

水堂西面畫簾垂、攜手暗相期。

池にせりでたお座敷の西側の閨で、絵簾を垂れたその中で夜を過ごし、暗黙の内に次の逢瀬の日をきめ、手を携えた。

18. ・水堂:水辺の建物。

19. ・畫簾:綺麗に彩色を施した簾。えすだれ。

20. ・攜手:手を持つ。時を共にする際の導入語である。手をたずさえる。閨へエスコートする。 

21. ・相期:時間を決めて会うことを心に定める。この頃の情事は夜から日が昇前までを期す。

 

惆悵曉鶯殘月、相別。

それが娘は、後宮に召されることになり、恨みと嘆かわしいことに、暁の鶯が鳴き、名残の月が出ている中、たがいに別れた。

22. ・惆悵:恨み。 

23. ・曉鶯:明け方に鳴き始める鶯の声。 

24. ・殘月:沈みかけの月。有り明けの月。曉鶯殘月は、この頃は男は日が昇前に帰るもので、名残月(下弦の月)もその様子をいうもので、男が独り寝で、明け方まで悶々としているということではない。

 

從此隔音塵。

それ以来、音信もなく、二人は隔絶した。 

25. ・從此:(…て、)それ以来ずっと。 

26. ・隔音塵:消息、通信がないこと。音塵は、音信、たより。

 

如今倶是異鄕人、相見更無因。

それから今まで、共にそのまま過ていき、むすめはまるで異郷の人というべきなってしまい、逢おうとしてもその手立てすらなくなってしまった。

27. ・如今:いま。 

28. ・倶是:ともに これ。是は、ここでは、接続詞、副詞の語尾として使われている。

29. ・異鄕人:異郷の人。遠く離れてしまったことを云う。後宮に入ったため、異郷にいる人である。

30. ・無因:便りがない。寄る辺がない。無由。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い