archive: 2016年11月  1/3

花間集 訳注解説 巻一23 (30)回目温庭筠 《酒泉子四首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7742

No image

 酒泉子四首其一                   2016年11月30日 の紀頌之5つの校注Blog     ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注     Ⅰ李白詩 (李白集校注) 744年-015-#1卷165_34-#...

  •  0
  •  closed

花間集 訳注解説 巻一22 (29)回目温庭筠 《歸國遙二首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7736

No image

 歸國遙二首其二                   2016年11月29日 の紀頌之5つの校注Blog     ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注     Ⅰ李白詩 (李白集校注) 744年-014-#3卷...

  •  0
  •  closed

花間集 訳注解説 巻一21 (28)回目温庭筠 《歸國遙二首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7730

No image

 歸國遙二首其一                       2016年11月28日 の紀頌之5つの校注Blog     ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注     Ⅰ李白詩 (李白集校注) 744年-014-...

  •  0
  •  closed

花間集 巻一 (27)回目温庭筠 《更漏子六首 【字解集】》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7724

No image

 花間集 訳注解説 巻一21 (27)回目温庭筠 《更漏子六首 【字解集】》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7724          2016年11月27日の紀頌之5つの校注Blog  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注  Ⅰ李白詩(李白集校注...

  •  0
  •  closed

花間集 訳注解説 巻一20 (26)回目温庭筠 《更漏子六首其六》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7718

No image

                    2016年11月26日 の紀頌之5つの校注Blog     ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注     Ⅰ李白詩 (李白集校注) 744年-013-#6卷162_11 天馬歌 【字解集】Ⅰ漢...

  •  0
  •  closed

花間集 訳注解説 巻一19 (25)回目温庭筠 《更漏子六首其五》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7712

No image

                  2016年11月25日 の紀頌之5つの校注Blog     ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注     Ⅰ李白詩 (李白集校注) 744年-013-#5卷162_11-#5 天馬歌(卷三(一)二三四)Ⅰ漢...

  •  0
  •  closed

花間集 訳注解説 巻一18 (24)回目温庭筠 《更漏子六首其四》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7706

No image

温庭筠 《更漏子六首其四》                    2016年11月24日 の紀頌之5つの校注Blog     ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注     Ⅰ李白詩 (李白集校注) 744年-013-#4卷...

  •  0
  •  closed

花間集 訳注解説 巻一17 (23)回目温庭筠 《更漏子六首其三》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7700

No image

温庭筠 《更漏子六首其三》      2016年11月23日 の紀頌之5つの校注Blog     ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注   Ⅰ李白詩(李白詩校注) 744年-013-#3卷162_11-#3 天馬歌(卷三(一)二三四)Ⅰ漢文委...

  •  0
  •  closed

花間集 訳注解説 巻一16 (22)回目温庭筠 《更漏子六首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7694

No image

 花間集 訳注解説 巻一16 (22)回目温庭筠 《更漏子六首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7694 (ことしもまた春の終わり、昔の寵愛を思い出すことだけで生きていく儚い妃嬪の情を詠う。) 北斗七星が瞬き夜明け近くなってきて、時を告げる鐘鼓の音も終わる。宮殿の閨にかかるすだれの外には、暁の鶯が春の盛りに移ると告げている、そしてあのお方を返したくない有明の名残月がかかっている。あの宵も蘭...

  •  0
  •  closed

花間集 訳注解説 巻一15 (21)回目温庭筠 《更漏子六首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7688

No image

 花間集 訳注解説 巻一15 (21)回目温庭筠 《更漏子六首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7688 (たとえ何だって良い、「謝家池閣」のように愛され続けたいと願っているのに、孤独に夜を過ごす悲しみを詠うもの。) 柳絲はほそくながく枝をたれ、春の雨はこぬかあめ、眠れぬまま一人侘しく庭の花を見ていると、花のむこうから水時計のしたたる音が耳を澄ませばきこえてくる。季節も変わり北に向かう雁の...

  •  0
  •  closed