category: 未分類  1/1

2018年2月9日 の紀頌之"6"つの校注Blog

No image

   2018年2月9日 の紀頌之"6"つの校注Blog 越女詞五首其一 【字解集】》〔酬裴十六功曹巡府西驛塗中見寄・記夢 #2 寒雨朝行視園樹 荷葉杯九首其七 【字解集】雜詩三首其一~其三          送別 李白詩 韓愈詩 杜甫詩 花間集 玉臺新詠 古代史女性論       2018年2月9日 の紀頌之”6”つの校注Blog ...

  •  0
  •  -

杜甫詩研究

杜甫詩研究 月について   1. はじめに 2. 杜甫が詠った「月」の詩はどんなものがあるのか。 3. 月の満ち欠けと名称 4. 月の詩のの時期とその時の生活環境など 4.-1 安史の乱以前と、乱中、乱後の生活 4.-2 安史の乱も収まらず、官を辭して秦州の生活の中での 「月」 4.-3 安定した気持ち、乱を避け蜀中を、幕府勤めの生活の中での 「月」 4.-4-1 夔州での生活(1) 4.-4-2   〃    (2) 4.-4-3...

  •  1
  •  -

杜甫詩研究 月について

杜甫詩研究 月について   1. はじめに 2. 杜甫が詠った「月」の詩はどんなものがあるのか。 3. 月の満ち欠けと名称 4. 月の詩のの時期とその時の生活環境など 4.-1 安史の乱以前と、乱中、乱後の生活 4.-2 安史の乱も収まらず、官を辭して秦州の生活の中での 「月」 4.-3 安定した気持ち、乱を避け蜀中を、幕府勤めの生活の中での 「月」 4.-4-1 夔州での生活(1) 4.-4-2   〃    (2) 4.-4-3...

  •  0
  •  -

4.-2 安史の乱も収まらず、官を辭して秦州の生活の中での 「月」

No image

杜甫詩研究 月について   1. はじめに 2. 杜甫が詠った「月」の詩はどんなものがあるのか。 3. 月の満ち欠けと名称 4. 月の詩のの時期とその時の生活環境など 4.-1 安史の乱以前と、乱中、乱後の生活 4.-2 安史の乱も収まらず、官を辭して秦州の生活の中での 「月」 4.-3 安定した気持ち、乱を避け蜀中を、幕府勤めの生活の中での 「月」 4.-4-1 夔州での生活(1) 4.-4-2   〃    (2) 4.-4-3...

  •  0
  •  -

正月 休稿 のおしらせ

No image

 2017/12/30~2018/1/4   花間集 <休 稿>     杜甫研究 「月」 のみ投稿しています。  杜甫詩研究 月について   1. はじめに 2. 杜甫が詠った「月」の詩はどんなものがあるのか。 3. 月の満ち欠けと名称 4. 月の詩のの時期とその時の生活環境など 4.-1 安史の乱以前と、乱中、乱後の生活 4.-2 秦州の生活環境 4.-3 成都の生活環境 4.-5 蜀中転々とした時期 4.-6 夔州での生...

  •  0
  •  -

12/29のツイートまとめ

lbTXyHTMXN4lS2q ブログ更新しました / 九、020卷804_19 《遊崇真觀南樓,》 魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9795: https://t.co/7musZnj3sS 12-29 08:20...

  •  0
  •  -

近況

No image

 退院して一か月たった。高校野球見ながら、杜甫と、李白の作品の編年整理をしている。8月1日「訳注解説」ブログ再開を目指していたが、『抗がん剤治療』の影響もあって何にもできず臥せたままの時もあり、ゆっくりと準備をしている。どれだけ生きる時間が与えられるのか、考えないわけではないが、今やれるだけのことをやろうということにしている。読者の中に、私のこのブログが、漢文研究のスターになってくれれば、或は、...

  •  0
  •  -

近況

No image

 久方ぶりに、投稿します。肝臓に転移していた癌。2つは摘出、1つは焼いたそうです。先日退院しました。手術慣れしたのか、あるいは、前回の手術がとてつもないものであったのか、二週間の入院がそれほど負担ではありませんでした。まあ、もう一つには、何らかの形で、「病気と死ぬまでお付き合いしていかなくてはならない」と覚悟を決めているというのもあります。勉強するのは大好きです。ちょっとの間、充電して、日ごろ研...

  •  0
  •  -

お休みのお知らせ

申し訳ありません、6月21日、 約一か月程度入院します。 元気になって帰ってきます。   紀 頌之 きの あきゆき   2017年6月22日~しばらく の紀頌之”6”つの校注Blog 10年のBLOGの集大成    李白総合案内   ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑...

  •  2
  •  -

No image

巻二-17 (80)回目皇甫松十一首 《天仙子二首其一》         花間集 訳注解説 巻二-17 (80)回目皇甫松十一首 《天仙子二首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8042     花間集の皇甫松 作品 皇甫松  1. 天仙子二首其一 2.   天仙子二首其二 3. ...

  •  0
  •  -